給料は増えないけど仕事は増える。やる気がない、そんなサラリーマンのあなたへ

サラリーマンとして
Sponsored Link
Sponsored Link
悩んでる人
悩んでる人

給料は増えないのに、年々仕事は増えていく…

なんだか、やる気が出ないな…

転職も考えてはみたんだけど、怖くて一歩踏み出せないよ…

今回はこんなお悩みにお答えします。

この記事の信頼性/筆者紹介

匿名係長
匿名係長

この記事を書いている私は、某大手企業の人事管理職です。

私も、給料は増えないのにどんどん仕事が増える。

仕事で結果が出ているのに、全く給料が増えない。

こんな悔しい思いをしてきました。

但し、成果主義の会社に転職するのは…少し恐いな。<

なんてワガママな思考だったり…

今回は、そんな考えを持っている方に向けて解決策を示すブログを更新していきます。

それでは行きましょう。

この記事を読むメリット

・給料が上がらないサラリーマンのあなたへの解決策

・給料が上がらないのに年々仕事が増えていくあなたへの解決策

・転職以外の解決策をご提案/結論→副業する

・副業をするべき理由を解説

\この記事は2分で読める記事になっています/

Sponsored Link
Sponsored Link

給料は増えないのに仕事は増える理由

まず、給料が増えないのに仕事は増える理由について解説します。

  • 日本がデフレーションになっているから
  • 日本の会社の人事制度は評価されづらい仕組みだから
  • 人が定着しない世の中になっているから

1つずつ解説していきましょう。

日本がデフレーションになっているから

日本の経済はデフレーションになっています。

デフレーションとは、世の中のモノやサービスの価格(物価)が全体的に継続して下落すること。

英語表記「deflation」の日本語読みで、一般的には「デフレ」と略されて呼ばれることのほうが多いです。

一般的には、不況でモノやサービスに対する需要が減少し、供給を下回ることで発生します。

一方で、同じ金額で買えるものが多くなるので、お金の価値は上がることになります。

いったんデフレになると、モノの値段が下がるので、企業業績の悪化から賃金が減少し、消費の減退につながり、さらに物価が下がるといった、「デフレスパイラル」を引き起こしやすくなります。

物価の水準を適正に管理することは中央銀行が金融政策を担ううえでの最大の目的です。

引用元:三井住友DSアセットマネジメント

簡単にいうと、モノの価値が下がっているという事です。

なぜ、デフレになると、給料が増えず仕事が増えるのか、一例を出しましょう。

デフレーションの一例

吉野家の牛丼(並)が約300円で買えます。

早くて、美味しい牛丼が300円です。

そのため、同業他社(松屋、すき家)も、どんどん値下げをしないと、競争に勝てません。

値下げ競争をしているにも関わらず、日本はサービスにとても厳しい。

ゆえに、給料が増えず(値下げ競争)、仕事(サービス競争)が加速するのです。

匿名係長
匿名係長

分かりやすく、飲食の例を伝えましたが、多くの業種がこのデフレーションの波にさらされています。

私の前職である銀行も、その一つです。

過剰な金利競争で、収益が大幅に悪化。

にもかかわらず、集金やコンサルなどのサービスは増える一方。

今思えば、完全に同じデフレスパイラルに入っていましたね。

日本の物価は安い

日本に自由に行き来できていた2018年頃までは、海外の方がよく家電を爆買いしていましたよね?

インバウンド需要などと、日本が潤っているような報道をよく見ていました。

私はその報道を見て、デフレだと思いました。

悩んでる人
悩んでる人

それは、日本の製品が高品質だからじゃないの?

匿名係長
匿名係長

違うんです。

日本は間違いなく、「デフレ」です。

海外の人は、日本の製品が高品質だから爆買いするのではなく、「日本の製品が安い」から、爆買いするんです。

日本はアジアのリーダーという時代はとっくに終わりました。

中国、韓国の勢いは本当にすごいですよ。

日本の会社の人事制度は評価されづらい仕組みだから

会社の給与は、給与規定で決められています

給与規定は各社違いますが、基本的に会社には賃金テーブルというものがあります

下記の画像は、賃金テーブルの例です。

引用元:人事戦略研究所

その賃金テーブルで、各個人の給与が決まっているわけです

その賃金テーブルに基づいて、給与を上げるには

  • 「役職(等級)」を上げる
  • 良い評価をもらい「棒号(クラス)を上げる」

しかありません。

匿名係長
匿名係長

しかし、日本はデフレで不景気。

役職ポストは削減され、評価はされずらいので、クラスも上がらない。

そのため、なかなか給与が上がらないのです。

飲み会の席とかで、上司に言われませんか?

面接官
  • 昔は、もっと人がいたんだけど、今は人が少なくて大変だよね…
  • もっと年齢が上の人がやっていたのに、若い子は大変だね…

などなど。

そうなんです。

昔は、やればやるほど経済が加速してい行ったんです。

人口も増え、経済がどんどん成長していく。

一方、今の日本は、人口減少、不景気

そのため、今のサラリーマンは評価されづらい

給与が上がりにくいし、仕事も増えている。

割に合わないと思うわけですね…。

人が定着しない世の中になっているから

人が定着しない世の中になってきています。

今は転職が当たり前だ!

という人も少なくないですよね?

匿名係長
匿名係長

実際、私の会社も社員があまり定着しません。

いわゆる現業職は3年くらいすると、辞めてしまう人が多いです。

それは、なぜかと言うと、終身雇用が崩壊しているからです。

終身雇用の崩壊

経団連の会長やトヨタ自動車のトップが口を揃えて・・・

「終身雇用を守るの難しい」

と発言がありました。

下記の発言ですね。

トヨタ自動車の豊田章男社長の終身雇用に関する発言が話題を呼んでいる。

13日の日本自動車工業会の会長会見で「雇用を続ける企業などへのインセンティブがもう少し出てこないと、なかなか終身雇用を守っていくのは難しい局面に入ってきた」と述べた。

引用元:日経ビジネスより

昭和の高度経済成長時は、たしかに会社も定年まで人材を面倒を見るという文化がありました。

ところが、最近はどうでしょうか?

  1. 副業の解禁
  2. 退職金の削減(廃止)
  3. 年功序列の廃止
  4. 成果主義への移行
  5. メンバーシップ採用からジョブ型採用
  6. 自律を促すためのセルフキャリアドック
  7. AI推進による単純なマニュアルワーカーの削減

従業員を最後まで面倒を見るような市場トレンド、雰囲気ではないですね。

我々サラリーマンは何をするべきか?結論は副業!

結論は、副業です。

サラリーマンをしながら副業をすれば、基本的にリスクは低いです。

そして、副業は断然「ブログ」をおすすめします。

理由は、「スモールスタート」「ストック型の仕事」だからです。

パソコンと月1,000円くらいのコストで、ブログにチャレンジできます。

ブログのビジネスは、ローリスクハイリターン。

匿名係長
匿名係長

当たれば、毎月何百万円を稼ぐ人も居ます!

有名ブロガーの「クニトミさん」は、3日間で55万円の収益だそうです(汗)

私の月給を3日間で稼いでいるとは・・・

私は、ブログを開始して1年6か月。

正直、ブログは楽ではありません。

しかし、毎日コツコツ作業を続けてきた結果、今では、多少の変動はありますが、毎月5~6万円の収入を得られています。

ブログの良いところは、24時間、私の代わりに営業をしてくれるところが良いんですよね。

>追伸 2021年12月時点でブログ収益は月8万円になりました!

匿名係長
匿名係長

会社で「安定収入」、副業で「フルコミッション」。

ハイブリッドサラリーマンを目指しましょう!

年功序列の会社で、年上の仕事のできない上司よりも、私の方が副業を含めると、年収が上。

そう考えると、少し気持ちが穏やかになります。

副業がバレるのが心配と思っている方

気持ちは十分わかります…

私もその一人でした。

しかし、同僚や後輩に副業の事実を言わなければほぼバレることはないでしょう。

匿名係長
匿名係長

副業がバレるのは、基本的に自分から言ってしまうことが大半です。

自分から言わなければ、基本的にバレることはありません。

行動しなくては何も変わりませんよ。

ずっと、給料が増えないで仕事が増えていくと愚痴をいって疲弊するよりも…

何かにチャレンジして、少しでも成長する方がマシです。

匿名係長
匿名係長

私はチャレンジして本当に良かったと思っています。

副業ブログをやって良かったことはたくさんあります。

  1. セールスマーケティングを学べた
  2. 世の中の仕組みが分かった(インスタはステマ多いな…とか)
  3. WordPressの知識が身についた(某企業からブログ代行の仕事を頂いた)

あなたも、同僚と愚痴を言う時間があれば、ぜひ、ブログにチャレンジしてみませんか?

下記のブログを見て、少しでも有意義なサラリーマン人生にしましょう。

私はブログをはじめて、人生変わりましたよ!

さいごに

いかがだったでしょうか。

今回は、給料は増えないけど仕事は増える。やる気がない、そんなサラリーマンのあなたへというテーマでブログを更新しました。

副業もいいけど・・・今の会社は今後給料が伸びる業界じゃないので、転職も考えている!

という方は、下記のブログをご参考にされてください。

私が8年間採用担当者として付き合ってきた、おすすめの転職エージェントを紹介しています。

企業ロゴ企業名オススメ特徴公開求人数公式サイト
リクナビNEXT
(4.0 / 5.0)
全年代
自分で企業を選びたい
約5万件詳細
ビズリーチ
(5.0 / 5.0)
ハイクラス求人を自分で選びたい
現年収600万以上
約12万件詳細
リクルートエージェント
(4.5 / 5.0)
全年代
求人数No.1
約10.5万件詳細
doda
(4.5 / 5.0)
サイトも同時登録になる約10万件詳細
マイナビジョブ20’s
(4.5 / 5.0)
24~29歳のみ
地域特化(東京,埼玉,神奈川,千葉,京都,滋賀,大阪,兵庫,奈良)
非公開 詳細
JACリクルートメント
(5.0 / 5.0)
ハイクラス特化
年収600万以上の方は優良求人多数
非公開詳細

最後までご覧頂きありがとうございました。

コメント