毎日残業はすることは当たり前?人事管理職が解説します。

キャリアアップ
※本ページはプロモーションが含まれています。
※本ページはプロモーションが含まれています。
悩んでいる人
悩んでいる人

毎日来る日も来る日も残業ばかりで、本当に嫌になるな…

他の会社もそうなのかな?

毎日残業することは当たり前なのだろうか?

今回はこんなお悩みにお答えします。

匿名係長
匿名係長

この記事を書いている私は、某大手企業の匿名係長です。

今回は、毎日残業は当たり前なのか?というテーマでブログを更新していきます。

それではいきましょう。

この記事を読むメリット

・残業は当たり前ではないという論理的な理由がわかります。

・日本は残業することが美徳である文化が残っていることがわかります。

・残業が当たり前な企業文化の中で定時で帰る方法がわかります。

毎日残業は当たり前なのか?

毎日残業は当たり前なのか?

という問いに対しては、NOです。

理由は、働き方改革により、長時間勤務を国自体が許容していないから。

経済産業省はさまざまな「働き方改革に関する支援策」を行い、生産性を高め、長時間労働を抑制しようとしています。

結論、残業は当たり前ではない

業務は、定時内に終わらせるべきです。

定時内に終わらせ、自己啓発の時間に利用したり、余暇を楽しむべきです。

一方で、残業がなくならない、残業が当たり前とされる企業もあるのも事実。

残業がなくならない背景は、何なのでしょうか?

残業が当たり前とされる背景

日本の労働文化において、残業が当たり前とされるのはなぜか?

その背景には、下記の3点が挙げられます。

  1. 長時間労働を前提とした企業文化
  2. 過大な業務・人員不足
  3. マネジメント不足

1つずつ解説します。

長時間労働を前提とした企業文化

日本には、長時間労働を前提とした企業文化が根強くあります。

日本企業は終身雇用で年功序列で昇進するキャリアが一般的でした。

転職する人は、「異端児」という扱いを受ける始末。

その結果、社内で頑張っている人(多くの残業をしている人)が出世する文化のため、競うように長時間労働をしているのです。

過大な業務・人員不足

2つ目は、過大な業務と人手不足が挙げられます。

日本は以前よりも確実に一人当たりの業務量は増えています。

理由は不景気により、コストを掛けられなくなったため。

さらに、少子高齢化が追い打ちをかけ、人手不足となり働き手が見つかりません。

総務省:我が国の人口の推移より引用

上記の通り、高齢率はどんどん高まっています。

マネジメント不足

3つ目は、マネジメント不足が挙げられます。

昭和から平成までは、PDCAを回すことでマネジメントができていました。

一方で、今は情報がどこでも入る時代となり、競争が激化しています。

令和の時代は、部下と現場で即応する「OODAループによるスピード感が大切」になってきています。

OODA(ウーダループ)ありきのマネジメントを実施しなければ、マネジメント不足と言える時代になってきています。

「毎日残業は当たり前」と思っている人が改善すべきこと

毎日残業が当たり前と思っている人も、実際には残業が必要ない場合があります。

具体的には、下記の3点を考えてみましょう。

  1. 上司が残っているので帰り辛いという思考は捨てる
  2. 効率的な時間の使い方をする
  3. 緊急度と重要度に分けて業務の優先順位をつける

一つずつ説明していきます。

上司が残っているから帰り辛いという思考は捨てる

上司が残っているから、帰り辛いので、残っているということはないでしょうか?

そんな思考は捨てましょう。

上司が残っていても、自分の自己啓発や休暇のために帰る選択をしましょう。

匿名係長
匿名係長

上司も、部下の自己啓発のために帰らせないという発言はしないはずです。

業務が終わったら、「●●の勉強をするために帰ります」と添えるだけで理解してくれるはずです。

理解してくれない上司であれば、転職を考えましょう。

効率的な時間の使い方を意識する

時間の効率的な使い方を意識しましょう。

仕事とプライベートは表裏一体です。

プライベートの充実があるからこそ仕事も充実します。

残業を当たり前と思わず、自分にとって本当に必要な残業を選ぶことが大切です。

緊急度と重要度に分けて業務の優先順位をつける

業務は、緊急度と重要度に区分し、優先順位をつけることを意識しましょう。

緊急度が低い業務は、翌日や翌週に回してもOKです。

残業が当たり前の職場の雰囲気を変える方法

残業が当たり前とされる職場では、職場の雰囲気を変えることが重要です。

社員同士のコミュニケーションを増やしたり、ワークライフバランスを重視した取り組みを行ったりすることで、職場の雰囲気を改善することができます。

上司とのコミュニケーションを改善する

上司とのコミュニケーションがスムーズに行えれば、業務の進捗や問題点を早期に共有でき、残業を減らすことができます。

上司との定期的な面談や、意見交換の場を設けることが大切です。

フレックスタイム制度の導入

職場の組合や人事にフレックスタイムの導入を提案してみましょう。

「フレックスタイム制」とは、一定の期間についてあらかじめ定められた総労働時間があり、その範囲内で日々の始業・終業時刻や働く時間を、労働者自身が自由に決めることができる制度です。

例えば、ある1カ月に働く時間が165時間と決められていた場合、1カ月間の合計が165時間になれば、1日10時間働く日や、5時間で仕事を切り上げる日があってもOKという制度です。

フレックスタイムを活用することにより、残業時間の削減につながります。

在宅勤務の推進

在宅勤務は、従業員が自宅やカフェなどの外部の場所で仕事をすることを許可する勤務形態です。

この制度は、残業を減らし、従業員のストレスを軽減するために導入されることがあります。

在宅勤務には、従業員がより効率的に仕事をすることができるという利点があります。

また、交通費の節約や、家族との時間をより多く過ごすことができるなどのメリットもあります。

在宅勤務を推進するためには、従業員の役割と責任、社内でのコミュニケーションの方法、プライバシーの保護などを明確に定めることが必要です。

従業員が自宅で仕事をする場合、安全に作業できる環境が必要であることも考慮しなければなりません。

在宅勤務を導入する際には、従業員のニーズや企業のニーズに合わせた柔軟な方策を取り入れることが重要です。

在宅勤務が効果的であるかどうかを確認するためには、評価の方法を明確にする必要があります。そのためには、業務量、品質、生産性、効率性、従業員の満足度などを測定することができます。

在宅勤務は、残業を減らすだけでなく、従業員の柔軟性を高め、仕事とプライベートのバランスを取りやすくすることができるため、今後ますます重要になることが予想されます。

残業が当たり前の会社に就職しないために知っておくべきこと

残業が当たり前の会社に就職しないために、下記の3点は必ず質問しましょう。

  1. 残業の支払いについて確認する
  2. 固定残業代はあるのかを確認
  3. 残業を減らすための環境づくり

一つずつ解説します。

残業代の支払いについて確認する

残業代の支払いについて確認しておきましょう。

残業はしたものは全て支払われるのか?

サービス残業は実際あるのか?

社員に聞けば、嘘なく話してくれます。

固定残業代はあるのかを確認

基本給に固定残業代はあるのかを確認しましょう。

会社によっては、固定残業代が40時間含まれている場合もありえます。

残業を減らすための環境づくりを確認

残業を減らすための環境づくりを確認しましょう。

フレックスタイムや在宅勤務、ノー残業デーの有無など。

会社としての制度があるかどうかで、企業文化が垣間見えます。

さいごに

いかがだったでしょうか。

今回は、毎日残業することは当たり前なのか?

というテーマでブログを更新しました。

残業が当たり前の企業文化に勤務している方は、時代遅れの企業です。

もっと、時代にあった企業を見てみましょう。

転職を考えている方は、転職エージェントがおすすめです。

理由は、自分の市場価値を的確に教えてくれるからです。

おすすめの転職エージェント(サイト)

転職エージェントはあなたの転職を無料でサポートしてくれるサービスです。

仕組みは、下記のように企業から紹介料をもらうシステムのため、求職者にはお金を頂きません。

ぜひ、転職エージェントを活用してみて下さい。

転職エージェントの仕組み

なお、転職エージェントは全国で17,000社あると言われています。

めちゃくちゃ多いですよね・・・

そこで、数ある転職エージェント(サイト)の中で、おすすめを7つに厳選しました。

下記の7つに登録しておけば、間違いありません。

※PR※

企業企業名(形式)おすすめ度おすすめの人対象年齢特徴公式サイト

リクナビNEXT
サイト
定番中の定番
(4.0 / 5.0)
マイペース
で活動したい
20~30代求人数が豊富詳細を見る
ASSIGN
VIEW)
サイトアプリ
若手ハイクラス
(5.0 / 5.0)
20~30代のハイクラス
AI自己分析を受けたい
20~30代AI自己分析
自分に合った求人のみ厳選して紹介
詳細を見る
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: rectangle_large_type_2_69ab927701d6ac05d1163a6c33365c7e.png
ビズリーチ
サイトアプリ
ハイクラス
(5.0 / 5.0)
ハイクラス(年収600万)でマイペースに活動したい30~50代非公開案件多数
ハイクラスにおすすめ
詳細を見る

テックゲート
エージェント
未経験ITはココ
(5.0 / 5.0)
将来性のあるエンジニアに未経験からチャレンジしたい人20~30代未経験
エンジニア特化
詳細を見る
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: doda-e1589767118757.jpg
doda
サイトエージェント
担当者が優秀
(5.0 / 5.0)
早く転職したい
めんどくさがりな人
20~40代転職サイトとエージェントが同時に登録詳細を見る
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: agent-mynavi-job20s-logo-1024x576.png
マイナビジョブ20’s
エージェント
第二新卒なら
(4.5 / 5.0)
20代の第二新卒で右の対象地域に該当しているひと24~29歳第2新卒に特化!
【対象地域】東京都、埼玉、神奈川、千葉、京都、滋賀、大阪、兵庫、奈良
詳細を見る
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: ogp-1024x538.pngJACリクルートメント
エージェント
年収を上げたい
(5.0 / 5.0)
ハイクラスで高年収を狙いたい人30~50歳ハイクラス転職なら間違いなし!詳細を見る
※スポンサード※

転職エージェント(サイト)7社を紹介(すべて登録無料)

リクナビNEXT

※PR※ リクナビNEXT 公式サイト

リクナビNEXTは、求人数が豊富な転職情報サイトです。

もはや、定番中の定番であり、自分で求人を探したい方は、リクナビNEXT。

まず、登録しておいて間違いない転職サイトの1つです。

まず登録しておいて間違いない転職サイト

ASSIGN(旧:VIEW)

※PR※  ASSIGN公式サイトより

ASSIGN(旧:VIEW)は今でも利用する、おすすめの転職サイトです。

何と言ってもオススメはAIの価値観診断が出来ること。

自分に合致した求人や年収推移まで分かります。

>>>ASSIGN転職サイトの評判をみる

無料登録 20~30代におすすめ

テックゲート

※PR※

テックゲートは、異業種からのITエンジニア転職の豊富な実績があります。

未経験でも、フルリモートでITエンジニアとして働きたい。

年収1,000万円欲しい。どこにでも通用スキルを身につけたい。

最初の1年間は修行期間だけど、4年目以降はITエンジニアとして引く手あまたの存在へあなたの努力次第でサポートしてくれます。

匿名係長
匿名係長

銀行員からITエンジニアになった人の体験談はとても納得できますよ。

詳しくは、テックゲート公式サイトをご覧ください。

未経験からのエンジニアへ

doda(パーソルキャリア)

※PR※ doda ホームページより

doda」は、国内でトップレベルの知名度、質の高い求人が揃っている評判の高い転職エージェントです。

転職者満足度No.1を誇るほど、サービスが充実している転職エージェントだと言えます。

匿名係長
匿名係長

まずは登録してみてはいかがでしょうか?

勢いのある会社で、私の会社もお付き合いがあります。

担当者が優秀で、ゴリゴリ年収交渉をしてきます。

登録すると、自動的に「エージェントサービス」と「情報サイト」の登録になるようですので、とっても便利ですね。

たくさんの求人を紹介してくれるようですので、転職への選択肢も広がります。

詳しい情報が気になる方は下記の公式サイトをご覧ください。

無料でエージェントとサイト同時登録

JACリクルートメント

※PR※ JACリクルートメント 公式ホームページより

年収600万円以上のハイクラスの方は、JACリクルートメントを間違いなくおすすめします。

匿名係長
匿名係長

あまり聞いたことのない会社かもしれませんが、東証一部上場の企業で、人材紹介専業では、日本国内で一番の売り上げを維持しています。

担当者も非常に会話していて気持ちの良い、スマートな担当者ばかり。

年収600万円以上のハイクラスの方には”一番おすすめのエージェント”です。

30後半の方向けの年齢層に特化しているエージェントであるため、該当する方は確実におすすめします。

有名なYouTuberの「サラタメさん」や、チャンネル登録者数200万人越えの「リベラルアーツ大学の両学長さん」もオススメしているエージェントです。

私も、サラリーマンの年収が600万円を超えていますし、実務をしていて、JACさんは優秀な担当者が多いので、転職をするなら、確実にJACリクルートメントさんを使います。

【無料】ハイクラスなら間違いなくおすすめ

ビズリーチ

※PR※ ビズリーチ公式サイト

ビズリーチはCMでよく見る有名な転職サイトです。

ビズリーチは「転職サイト(逆求人サイト)」です。

自分のペースで転職活動を進めることが出来ます。

匿名係長
匿名係長

年収600万円以上の方は、登録しておきましょう。

自分の職務経歴や気になる職種や勤務地を登録しておくと、ヘッドハンターからメールが届きます。

専用のアプリも用意されており、非常に使いやすいです。

ビズリーチは登録自体は無料です。

本気で転職を考えるのであれば、有料プランもあります。

求職者側も少しお金を払うビジネスモデルを取っていますので、企業側も本気のため、優良な案件が多いのもポイントです。

実際に当社でも、管理職採用はビズリーチから決まっています

登録は無料ですので、間違いない転職サイトですよ。

自分のペースで転職したい人におすすめ

マイナビ ジョブ20’s

※PR※ マイナビジョブ20’s ホームページより

20代に強い求人は、間違いなくマイナビ ジョブ20’sです。

マイナビジョブ20’sとは、マイナビグループが提供する20代若手社会人のための無料転職支援(人材紹介)サービスです。

専任のキャリアアドバイザーが、個別キャリアカウンセリングを行い、あなたの経験や希望に最適な企業をご紹介します。

第二新卒に圧倒的におすすめのエージェントですね。

無料登録 第2新卒におすすめ

匿名係長
匿名係長

マイナビジョブ20’sは注意点があります。

年齢は、24~29歳のみ

地域特化(東京,埼玉,神奈川,千葉,京都,滋賀,大阪,兵庫,奈良)となっています。

退職を伝えるのが怖い方は退職代行という選択肢

私も銀行を辞める決断をした際、とても話にくかったことを覚えています。

そして辞めるのと引き換えに、「有給は取得するな」、「ノルマを達成してから辞めろ」と言われたことを覚えてます。

今、私は人事の仕事をしているので、上記は当然おかしなことなのですが・・・

有給休暇は労働者の権利。取得してやめるべき。

私が今でも後悔しているのが、「有給休暇を40日余らして、辞めたこと」です。

「有給休暇を取得せず辞めた方がみんなに迷惑がかからない」と支店長から言われたため、有給休暇を取得しませんでした。

当時27歳の私は、おかしなことなのか分かりませんでした。

当時の基本給は約30万円でした。

有給休暇を取得しなかったことで54万円の損失

有給を取得しなかったことによって、54万円も損したことになります。

【計算式】30万円÷22日(1ヵ月の所定労働日数)×40日=545,454円

退職手続きのプロの退職代行を利用すれば心強い

退職代行を利用すれば、退職に関わる手続きをすべてやってくれます。

匿名係長
匿名係長

退職代行費用は約3万円かかりますが、有給取得を交渉してくれることや、有給休暇買取も交渉してくれる場合もあります。

初期費用は掛かりますが、トータルで見ると得をしますよ。

退職代行サービスをまとめた記事も書いています。

損をしないために、是非ご覧ください。

おすすめは退職代行EXIT

退職代行EXIT公式サイトhttps://www.taishokudaikou.com

おすすめの退職代行は「退職代行EXIT」

理由は実績No.1で業界最安値だから。

業界最安値で運営ができる理由は、退職代行のパイオニアで知名度があるからです。

実績No.1 業界最安値の退職代行

退職代行評価タイプ特徴金額公式サイト
(5.0 / 5.0)
民間型実績No.1
業界最安値
即日対応
LINE相談OK
退職成功率100%
退職代行のパイオニア
弁護士監修
20,000円詳細を見る
(4.5 / 5.0)
民間型 料金が明瞭
業界初の後払い!
LINEで相談可能
24時間365日OK
実績が豊富
27,000円 詳細を見る
(4.5 / 5.0)
民間型 料金が安い
LINEやTELで相談可能
3万人以上の実績
良好な口コミが多い
27,000円 詳細を見る

コメント