【体験談】仕事辛いのは当たり前なのか?人事管理職が解説します。

転職
※本ページはプロモーションが含まれています。
※本ページはプロモーションが含まれています。
悩んでいる人
悩んでいる人

仕事が楽しくないし、本当に辛いな……

仕事は辛いものだと親から言われたけれど、本当にそうなのかな?

仕事が楽しいと感じている人もいそうだけどな……

今回はこんなお悩みにお答えします。

匿名係長
匿名係長

この記事を書いている私は、某大手企業の匿名係長です。

仕事って辛いですよね…

私も銀行員に勤めていた時は、本当に辛かったです。

事業会社に転職をして、少しずつ仕事が面白く感じることができました。

今回は、仕事が辛いのは当たり前なのか?というテーマでブログを更新していきます。

仕事が辛いのは当たり前?

仕事が辛いのは当たり前です。

これは仕事を真剣にやっている人ほど、そのように感じます。

一方で、仕事は楽しくもあります。

仕事は辛いけど楽しい

仕事は「辛いけど、楽しい」というのが、私の結論です。

仕事が辛くいけど「楽しくない」という人は、「仕事の面白さに気づいていない」か、「その仕事が向いていない」可能性があります。

仕事の辛さについての理解する

まずは、仕事の辛さについて理解を深めましょう。

仕事の辛さを感じる理由を考察します。

仕事の辛さを感じる理由

仕事の辛さを感じる理由は下記の4つです。

  1. 仕事内容が合わないことや業務量が多すぎる
  2. 職場の人間関係が悪い
  3. ワークライフバランスが取れていない
  4. 自己管理がうまくできていない

これらの要因が重なると、ストレスや疲れが蓄積され、仕事がますます辛くなっていくことがあります。

仕事内容が合わないことや業務量が多すぎる

仕事は、「才能」×「熱量」の方程式からより良い成果が生まれます。

誰しも自分の強み(才能)があり、それに熱量を加えることで仕事がうまくいきます。

仕事が合わないということは、自分の才能にあっていない仕事を選んでいるので、やる気(熱量)が生まれないのです。

加えて仕事が捌けないので、業務量が多すぎると感じます。

職場の人間関係が悪い

どれだけ仕事がうまくいっても、職場の人間関係が悪いと仕事が辛いと感じます。

上司がパワハラで愚痴っぽい、後輩がやる気がなくイライラしてしまう。

そのような環境下にいると、どんどん自分のやる気も削がれて仕事が辛いと感じます。

ワークライフバランスが取れていない

一時的なハードワークは個人的には賛成します。

理由は辛い仕事も時には大切だからです。

一方で、全く休みがなく仕事をしていると、生産性が落ちてしまい仕事がうまくいきません。

ワークライフバランスが取れていないと、仕事が辛く感じてしまいます。

自己管理がうまくできていない

人間は、自己管理ができないと不安に感じる生き物です。

程よいストレスと緊張感も大切ですが、自分が思うようにコントロールできないことは仕事がつらいと感じます。

時にはリラックスをするなど自分の身体にあわせて自己管理をしていくことが大切です。

仕事のストレスが健康に与える影響

次に仕事のストレスが健康に与える影響について記載します。

具体的には、下記の4点です。

  1. 心身への悪影響
  2. 睡眠の質の低下
  3. 免疫力の低下
  4. 食生活の乱れ

一つずつ解説していきます。

心身への悪影響

仕事のストレスは心身への悪影響を及ぼします。

私の場合は、帯状疱疹が出たり、アトピーのような皮膚炎など身体に症状が出ました。

また、ストレス過多になるとどうしてもマイナス思考になってしまいます

睡眠の質の低下

仕事のストレスは、睡眠の質にも影響します。

仕事の夢を見て夜中に起きてしまったり、突然忘れていたタスクを思い出して夜中に起きたりすることもあるでしょう。

免疫力の低下

ストレス過多になると、免疫力が下がり風邪を引きやすくなります

私自身もストレスを抱えて仕事をしていくと、大きなプロジェクトが終わった際や休日などの気が抜けた時に風邪を引いてしまいます。

食生活の乱れ

ストレス過多になると、食生活が乱れます

食事を摂取する時間が惜しく、仕事優先になります。

結果、1日1食になりドカ食いをしたり、ストレスにより大食いしたりと食生活が乱れてしまします。

匿名係長
匿名係長

私の場合は、飲酒量が増えてしまいます。

銀行員の時は、1日で350mlの6缶パックを開けることもありました。

仕事の辛さを克服する5つの方法

仕事の辛さを克服する5つの方法は下記の通り。

  1. 自分自身と向き合う
  2. 環境を変える
  3. コミュニケーションを改善する
  4. リフレッシュする時間を作る
  5. 自己管理を見直す

自分自身と向き合う

仕事の辛さを克服する1つ目は、自分自身と向き合うことです。

自分自身と向き合うには、下記の3点を考えてみましょう。

  1. 自分のストレスを認める
  2. 自分の得意不得意を理解する
  3. 自己肯定感を高める

一つずつ説明していきます。

自分のストレスを認める

1つ目は、自分のストレスを認めましょう。

人間は誰しもストレスを感じるものです。

自分はどんなことにストレスを感じているのか?

どんなことをすると、ストレスを解消できるのか。

自分のストレスを認知することはとても大切です。

自分の得意不得意を理解する

2つ目は、自分の得意不得意を理解しましょう。

自分はどんなことが得意なのか、不得意なのか。

人は誰しも、得意不得意があります

匿名係長
匿名係長

私の場合は、ノンバーバルコミュニケーション(表情を見て空気を読む)ことが得意。

一方で、図々しいお願いをすることは苦手です。

苦手な部分を知るということもストレスコントロールになります。

自己肯定感を高める

3つ目は、自己肯定感を高めましょう。

自分の得意分野を見極め、自己肯定感を高めていきましょう。

全員に可能性があります。

必ず人は何らかの才能があります。

才能が見つかれば、自分が好きになり、自分が好きになれば自己肯定感が高まります。

環境を変える

仕事を辛さを乗り越えるコツとしては、環境を変えることも大切です。

環境を変えて、一からスタートすることも大切です。

職場の改善を求める

自分よがりの職場改善を求めるのはNGです。

しかし、職場の改善を求めることは大切です。

匿名係長
匿名係長

私の会社はいわゆる「働かないおじさん」がいます。

私よりも良い給料をもらっているにも関わらず、全く働きません。

そんな人と仕事をしていると、やる気をなくします。

上司に、Aさんとは、仕事はできないので私は別部署に異動させてくださいと伝えてみましょう。

意外と、上司は働かないおじさんAを異動させてくれる可能性もゼロではありません。

転職を考える

職場環境が変わらないのであれば、「転職をする」ことも大切です。

私自身、「銀行」から事業会社に転職をした経験がありますが本当に良かったと感じています。

転職をして、仕事の辛さが半減しました。

わたしの場合、お客様を騙すということが本当に嫌でした。

事業会社に転職をして、お客様のことを第一に考え、会社の利益も考えるということができています。

転職をすると、意外と仕事の辛さを改善できます。

>>>おすすめの転職エージェントはこちら

コミュニケーションを改善する

3つ目は、コミュニケーションを改善することです。

上司や同僚とのコミュニケーションを改善する

上司や同僚とのコミュニケーションを改善してみましょう。

仕事は1日24時間の中で少なくとも1/3の自分の時間かけています。

人生の中で、上司や同僚はとても大切な存在です。

上司や同僚とのコミュニケーションを改善するだけでも仕事が随分と楽になります。

チームビルディングを行う

チームビルディングも大切です。

チームビルディングとは、メンバーの一人ひとりのスキルや経験を最大限に活かして目標を達成できるチームを作り上げる取り組みのことです。

あなたがリーダーであれば、チームビルディングをしましょう。

メンバーであれば、リーダーに問いかけてみましょう。

リフレッシュする時間を作る

4つ目は、リフレッシュをすることです。

リフレッシュも仕事をする上では非常に大切です。

趣味やスポーツなどでストレス発散する

趣味やスポーツでストレス発散することも大切です。

わたしの場合は、お酒を飲むことでストレス発散することができますが、人それぞれストレス発散する方法は違います。

スポーツジムに行くのもOK、サウナに行くのもOK。

自分のストレスをマネジメントしましょう。

休暇を取る

休暇を取ることも大切です。

休みを取ると、仕事への気持ちが再確認できます。

匿名係長
匿名係長

わたしの場合は、休みの時も仕事のことを考えてしまいます。

やはり、わたしは仕事が好きなのでしょう……

また、休むことで脳がスッキリとするので、仕事への良い影響となります。

自己管理を見直す

5つ目は、自己管理を見直しましょう。

自己管理をすることで、自分自身のコンディションがある程度理解できるようになります。

睡眠や食生活を改善する

睡眠はとても大切です。

容易にできることではありませんが、ベッドにスマホを持ち込まないことや、寝る2時間前には食事をしない、アルコールを控えるなど、睡眠の質を向上させる手立てがあります。

また、食生活も改善することで気持ちの良い起床に繋がったり、体調がよくなることで仕事がうまく進むなど、食事も大切です。

ストレッチや瞑想などでストレス解消する

ストレッチや瞑想など、自分の身体と向き合うことを考えてみましょう。

想像以上に毎日自分の体は酷使されています。

身体や脳などをリラックスさせることはとても大切です。

今の仕事に未来が見えないのなら、転職も視野に入れよう

他人の芝生は青く見えます。

転職しても変わらないこともあるでしょう。

しかし、転職してみないと分からないことも沢山あります。

匿名係長
匿名係長

わたしの場合は、銀行から事業会社への転職。

当初、周囲のみんなから反対されました。

結果、本当に転職して良かったと考えています。

何より、自分自身が成長したことで自信がつきました。

おすすめの転職エージェント(サイト)

転職エージェントはあなたの転職を無料でサポートしてくれるサービスです。

仕組みは、下記のように企業から紹介料をもらうシステムのため、求職者にはお金を頂きません。

ぜひ、転職エージェントを活用してみて下さい。

転職エージェントの仕組み

なお、転職エージェントは全国で17,000社あると言われています。

めちゃくちゃ多いですよね・・・

そこで、数ある転職エージェント(サイト)の中で、おすすめを7つに厳選しました。

下記の7つに登録しておけば、間違いありません。

※PR※

企業企業名(形式)おすすめ度おすすめの人対象年齢特徴公式サイト

リクナビNEXT
サイト
定番中の定番
(4.0 / 5.0)
マイペース
で活動したい
20~30代求人数が豊富詳細を見る
ASSIGN
VIEW)
サイトアプリ
若手ハイクラス
(5.0 / 5.0)
20~30代のハイクラス
AI自己分析を受けたい
20~30代AI自己分析
自分に合った求人のみ厳選して紹介
詳細を見る
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: rectangle_large_type_2_69ab927701d6ac05d1163a6c33365c7e.png
ビズリーチ
サイトアプリ
ハイクラス
(5.0 / 5.0)
ハイクラス(年収600万)でマイペースに活動したい30~50代非公開案件多数
ハイクラスにおすすめ
詳細を見る

テックゲート
エージェント
未経験ITはココ
(5.0 / 5.0)
将来性のあるエンジニアに未経験からチャレンジしたい人20~30代未経験
エンジニア特化
詳細を見る
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: doda-e1589767118757.jpg
doda
サイトエージェント
担当者が優秀
(5.0 / 5.0)
早く転職したい
めんどくさがりな人
20~40代転職サイトとエージェントが同時に登録詳細を見る
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: agent-mynavi-job20s-logo-1024x576.png
マイナビジョブ20’s
エージェント
第二新卒なら
(4.5 / 5.0)
20代の第二新卒で右の対象地域に該当しているひと24~29歳第2新卒に特化!
【対象地域】東京都、埼玉、神奈川、千葉、京都、滋賀、大阪、兵庫、奈良
詳細を見る
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: ogp-1024x538.pngJACリクルートメント
エージェント
年収を上げたい
(5.0 / 5.0)
ハイクラスで高年収を狙いたい人30~50歳ハイクラス転職なら間違いなし!詳細を見る
※スポンサード※

転職エージェント(サイト)7社を紹介(すべて登録無料)

リクナビNEXT

※PR※ リクナビNEXT 公式サイト

リクナビNEXTは、求人数が豊富な転職情報サイトです。

もはや、定番中の定番であり、自分で求人を探したい方は、リクナビNEXT。

まず、登録しておいて間違いない転職サイトの1つです。

まず登録しておいて間違いない転職サイト

ASSIGN(旧:VIEW)

※PR※  ASSIGN公式サイトより

ASSIGN(旧:VIEW)は今でも利用する、おすすめの転職サイトです。

何と言ってもオススメはAIの価値観診断が出来ること。

自分に合致した求人や年収推移まで分かります。

>>>ASSIGN転職サイトの評判をみる

無料登録 20~30代におすすめ

テックゲート

※PR※

テックゲートは、異業種からのITエンジニア転職の豊富な実績があります。

未経験でも、フルリモートでITエンジニアとして働きたい。

年収1,000万円欲しい。どこにでも通用スキルを身につけたい。

最初の1年間は修行期間だけど、4年目以降はITエンジニアとして引く手あまたの存在へあなたの努力次第でサポートしてくれます。

匿名係長
匿名係長

銀行員からITエンジニアになった人の体験談はとても納得できますよ。

詳しくは、テックゲート公式サイトをご覧ください。

未経験からのエンジニアへ

doda(パーソルキャリア)

※PR※ doda ホームページより

doda」は、国内でトップレベルの知名度、質の高い求人が揃っている評判の高い転職エージェントです。

転職者満足度No.1を誇るほど、サービスが充実している転職エージェントだと言えます。

匿名係長
匿名係長

まずは登録してみてはいかがでしょうか?

勢いのある会社で、私の会社もお付き合いがあります。

担当者が優秀で、ゴリゴリ年収交渉をしてきます。

登録すると、自動的に「エージェントサービス」と「情報サイト」の登録になるようですので、とっても便利ですね。

たくさんの求人を紹介してくれるようですので、転職への選択肢も広がります。

詳しい情報が気になる方は下記の公式サイトをご覧ください。

無料でエージェントとサイト同時登録

JACリクルートメント

※PR※ JACリクルートメント 公式ホームページより

年収600万円以上のハイクラスの方は、JACリクルートメントを間違いなくおすすめします。

匿名係長
匿名係長

あまり聞いたことのない会社かもしれませんが、東証一部上場の企業で、人材紹介専業では、日本国内で一番の売り上げを維持しています。

担当者も非常に会話していて気持ちの良い、スマートな担当者ばかり。

年収600万円以上のハイクラスの方には”一番おすすめのエージェント”です。

30後半の方向けの年齢層に特化しているエージェントであるため、該当する方は確実におすすめします。

有名なYouTuberの「サラタメさん」や、チャンネル登録者数200万人越えの「リベラルアーツ大学の両学長さん」もオススメしているエージェントです。

私も、サラリーマンの年収が600万円を超えていますし、実務をしていて、JACさんは優秀な担当者が多いので、転職をするなら、確実にJACリクルートメントさんを使います。

【無料】ハイクラスなら間違いなくおすすめ

ビズリーチ

※PR※ ビズリーチ公式サイト

ビズリーチはCMでよく見る有名な転職サイトです。

ビズリーチは「転職サイト(逆求人サイト)」です。

自分のペースで転職活動を進めることが出来ます。

匿名係長
匿名係長

年収600万円以上の方は、登録しておきましょう。

自分の職務経歴や気になる職種や勤務地を登録しておくと、ヘッドハンターからメールが届きます。

専用のアプリも用意されており、非常に使いやすいです。

ビズリーチは登録自体は無料です。

本気で転職を考えるのであれば、有料プランもあります。

求職者側も少しお金を払うビジネスモデルを取っていますので、企業側も本気のため、優良な案件が多いのもポイントです。

実際に当社でも、管理職採用はビズリーチから決まっています

登録は無料ですので、間違いない転職サイトですよ。

自分のペースで転職したい人におすすめ

マイナビ ジョブ20’s

※PR※ マイナビジョブ20’s ホームページより

20代に強い求人は、間違いなくマイナビ ジョブ20’sです。

マイナビジョブ20’sとは、マイナビグループが提供する20代若手社会人のための無料転職支援(人材紹介)サービスです。

専任のキャリアアドバイザーが、個別キャリアカウンセリングを行い、あなたの経験や希望に最適な企業をご紹介します。

第二新卒に圧倒的におすすめのエージェントですね。

無料登録 第2新卒におすすめ

匿名係長
匿名係長

マイナビジョブ20’sは注意点があります。

年齢は、24~29歳のみ

地域特化(東京,埼玉,神奈川,千葉,京都,滋賀,大阪,兵庫,奈良)となっています。

退職を伝えるのが怖い方は退職代行という選択肢

私も銀行を辞める決断をした際、とても話にくかったことを覚えています。

そして辞めるのと引き換えに、「有給は取得するな」、「ノルマを達成してから辞めろ」と言われたことを覚えてます。

今、私は人事の仕事をしているので、上記は当然おかしなことなのですが・・・

有給休暇は労働者の権利。取得してやめるべき。

私が今でも後悔しているのが、「有給休暇を40日余らして、辞めたこと」です。

「有給休暇を取得せず辞めた方がみんなに迷惑がかからない」と支店長から言われたため、有給休暇を取得しませんでした。

当時27歳の私は、おかしなことなのか分かりませんでした。

当時の基本給は約30万円でした。

有給休暇を取得しなかったことで54万円の損失

有給を取得しなかったことによって、54万円も損したことになります。

【計算式】30万円÷22日(1ヵ月の所定労働日数)×40日=545,454円

退職手続きのプロの退職代行を利用すれば心強い

退職代行を利用すれば、退職に関わる手続きをすべてやってくれます。

匿名係長
匿名係長

退職代行費用は約3万円かかりますが、有給取得を交渉してくれることや、有給休暇買取も交渉してくれる場合もあります。

初期費用は掛かりますが、トータルで見ると得をしますよ。

退職代行サービスをまとめた記事も書いています。

損をしないために、是非ご覧ください。

おすすめは退職代行EXIT

退職代行EXIT公式サイトhttps://www.taishokudaikou.com

おすすめの退職代行は「退職代行EXIT」

理由は実績No.1で業界最安値だから。

業界最安値で運営ができる理由は、退職代行のパイオニアで知名度があるからです。

実績No.1 業界最安値の退職代行

退職代行評価タイプ特徴金額公式サイト
(5.0 / 5.0)
民間型実績No.1
業界最安値
即日対応
LINE相談OK
退職成功率100%
退職代行のパイオニア
弁護士監修
20,000円詳細を見る
(4.5 / 5.0)
民間型 料金が明瞭
業界初の後払い!
LINEで相談可能
24時間365日OK
実績が豊富
27,000円 詳細を見る
(4.5 / 5.0)
民間型 料金が安い
LINEやTELで相談可能
3万人以上の実績
良好な口コミが多い
27,000円 詳細を見る

コメント