【銀行員が転職を考えるベストタイミング】元銀行員、現採用責任者が回答

銀行員から転職
Sponsored Link
Sponsored Link
悩んでる人
悩んでる人

銀行を辞めたいんだけど、辞め時が分からないな・・・

給料は他の業界よりも良いと言われているし・・・

でも、この仕事がずっと続くのはメンタルが持たないよ・・・

今回はこんなお悩みにお答えします。

匿名係長
匿名係長

この記事を書いている私は、5年8カ月地方銀行で勤務した後、某大手企業に転職を成功させた、人事管理職です。

中途採用では、年間200~300人ほど面接をしています。

また、キャリアコンサルタントとしても活動しています。

今回は、元銀行員で現在人事の採用責任者として働いている私が、銀行員が転職を考える「ベストタイミング」について記事を書いていきたいと思います。

それでは行きましょう。

Sponsored Link
Sponsored Link

銀行員が転職を考えるベストタイミング

銀行員が転職を考えるべき、ベストタイミングは、3~6年目です。

その理由について記載していきますね。

3年目~6年目がベストタイミングな3つの理由

社会人としての基礎固めが出来ている

企業は「社会人としてのマナー」や「対人コミュニケーション」などを特に重視しています。

3年目~6年目の銀行員は、一般的な社会人としての基礎固めが確実に出来ています。

また、特に銀行員の場合、ビジネスマナーにうるさい経営者や年配の方にも気持ちのよい対応が出来るように、研修や上司からの理不尽な指導にも耐え忍んでいます。

そんな実績や経験は、一般企業にとってはとてもありがたいスキルです。

年収が上がり切っていない

銀行員は4年目と8年目で年収が上がるタイミングがあります。

私が勤務していた銀行では、順調に出世していけば、下記の年収帯でした。

1~3年目 400万円

4~7年目 550~800万円

8年目以降750~1500万円 

匿名係長
匿名係長

私は、運よくノルマも達成し、預かり資産部門で表彰されたこともあり、6年目の年収は740万円でした。

ちなみに、私は27歳で転職して、400万円まで落ち込みました。

このような年収を見ると、銀行員は年収はかなり良い方です。

年収が上がってしまうと、家族がいた場合やローンがあると、お金のためにストレスを抱えながら頑張るしかない…

というマインドで転職に踏み切れないですよ。

仕事の実績も上がってきている

3~6年もすれば、一端に担当先からの信頼も勝ち取ることが出来、同期との差も出てくるころだと思います。

また、自分の得意分野もある程度わかるようになってきていますよね?

となれば、転職する際に、自分の強みは「コレ」だ!

と面接官にアピールすることが出来ます。

銀行員が転職を考えるべき3つの理由

銀行員が転職を考えるべき理由は3つあります。

  • 銀行は淘汰されていく
  • 銀行員が必要なくなってくる
  • 銀行員はスキルが身につかない

銀行は淘汰されていく

菅首相は、9月2日の自民党総裁選の出馬表明会見で「地方の銀行について、将来的には数が多すぎるのではないか」と発言。

翌3日には「再編も一つの選択肢になる」と明言し、収益力に乏しい「限界地銀」にメスを入れる意志を示した。

第一地銀が加盟する全国地方銀行協会(64行)の損益合計をみると、本業から得た利益となる「業務純益」は2010年度に1兆3818億円だったが、直近の19年度には9761億円まで減少している。

地域金融機関の投資アドバイザーなどを務める和キャピタル(東京・千代田)の小栗直登社長は「地銀が自ら合併や廃業を進めてオーバーバンキングを解決するのは不可能に近い」と指摘する。

引用元:日本経済新聞 日経ビジネス
匿名係長
匿名係長

要するに、収益性に乏しい銀行は淘汰されていくということですね。

メガバンクも、大規模なリストラや週3、4勤務という新しい働き方も出てきており、ビジネスモデルとして厳しい状況です。

銀行員が必要なくなってきている

銀行の9割、銀行員の99%は「消える」

なぜもう「銀行はいらない」のか?ビジネスモデルの崩壊によって銀行の9割、銀行員の99%は「消える」

衝撃的な予測を掲げるのが『もう銀行はいらない』(ダイヤモンド社)を上梓した上念 司氏だ。

その思いは、実は上念氏自身が銀行員だった1990年代から抱いていたという。

出展元:Fintech journal

私も「上念さんの本」を読みましたが、同感でした。

AIやフィンテックの台頭

AIやフィンテックの金融技術の進化によって、銀行の業務独占が崩れ始めています。

楽天銀行や住信SBI証券を利用すれば、振り込み手数料がかからないケースが大半です。

悩んでる人
悩んでる人

ネット銀行って、通帳もないし怖いよな・・・

ちゃんと保証もあるか分からないし・・・

匿名係長
匿名係長

最近のメガバンクも通帳をなくそうとしていますよね?

みずほ銀行は通帳新規発行・繰り越しごとに1冊1,100円の手数料がかかることになりました。

引用元:価格.comマガジン

また、楽天銀行や住信SBI証券はちゃんと「ペイオフの対象」ですよ!

ペイオフとは1金融機関1預金者あたりの元本1,000万円までと、その利息等が保護の対象となります。

引用元:三菱UFJ信託銀行

しかも、普通預金の金利は、ネット銀行のほうが条件良し。

これからは、みんなネット銀行を利用しますよね。

アラフォーの私ですら、そうなのですから・・・

ブロックチェーン

ブロックチェーンによる中央監視が必要ない暗号資産により、ビットコインなどの仮想通貨がマジョリティになれば、伝統的な銀行業務は消えていくのではないでしょうか?

銀行員はスキルが身につかない

銀行員はスキルが身につきません。

キャリアコンサルタントとして言うならば、「キャリア・アダブタビリティ」が銀行員はありません。

「キャリア・アダプタビリティ」とは、個人のキャリアについて、環境変化に合わせた適応ができる能力のことです。

スキルがないので、環境変化(転職した先の職場)に適応が困難なのです。

匿名係長
匿名係長

私が銀行員で身についたスキルは、「胆力」、「忍耐力」、「ド根性」、「札勘」でしょうか・・・(汗)

精神面が多いような・・・。

しかし、私は対人コミュニケーションスキルは発信力は同期には負けないと銀行で学ぶことが出来ました。

【銀行員が転職を考えるべき理由のまとめ】

  • 銀行は淘汰されていく
  • 銀行員が必要なくなってくる
  • 銀行員はスキルが身につかない

転職をするには?

転職をするには、「転職サイト」と「転職エージェント」を利用してください。

転職サイトは、自分で仕事を見つけるサイトになります。

どんな求人があるのかを参考にしてみて下さい。

転職サイトで登録してまず、間違いないのは、日本トップクラスのリクナビNEXTです。

次に、「転職エージェント」について説明します。

おすすめの転職エージェントをすぐに知りたい方は、このリンクをご覧ください。

「転職エージェント」は担当が無料でフォローしてくれ、個人面談のあと、自分にあった企業を紹介してくれます。

なお、転職エージェントは日本には、全国で17,000社あると言われています。

めちゃくちゃ多いですよね・・・

数ある転職エージェントの中でも、正社員応募では、下記の4つのエージェントに登録しておけば、間違いありません。

①リクルートエージェント

②doda(パーソルキャリア)

③JACリクルートメント

④マイナビジョブ20’s

転職エージェント4社を紹介(すべて登録無料)

年収600万円以下の方

下記のエージェントをオススメします。

①リクルートエージェント

 求人数も多く、まず登録しておいて間違いないエージェントです。

 リクルートエージェントは業界最大手なので、まず登録しておいて損はないでしょう。

 私の付き合いのある担当者も転職経験者で、とても親身になって相談に乗ってくれる方です。

【おすすめ度:★★★★★

リクルートエージェント ホームページより
②DODA(パーソルキャリア)

【おすすめ度:★★★★★

doda ホームページより

DODA(旧:インテリジェンス)は、勢いのある会社です。

私の会社もお付き合いがありますが、担当者が優秀で、ゴリゴリ年収交渉をしてくれます。(汗)

DODAは、登録すると、自動的に「エージェント」と「情報サイト」の両方に登録になるようですので、とても楽ですね。

年収600万円以上のハイクラスの方

「JACリクルートメント」をオススメします。

③JACリクルートメント

【おすすめ度:★★★★★

あまり聞いたことのない会社かもしれませんが、実は東証一部上場の企業で、人材紹介専業では、日本国内で一番の売り上げを維持しています。

担当者も非常に会話していて気持ちの良い、スマートな担当者ばかりで、年収600万円以上であれば、ダントツでおすすめのエージェントです。

担当者の質が違うんですよね。

こちらの意向をくみ取ってくれる担当者がホントに多いです。

YouTuberのサラタメさんやリベラルアーツ大学の両学長もおススメしていることで有名ですね。

20代の第二新卒枠の転職におすすめ

③マイナビ ジョブ20’s

【おすすめ度:★★★★・】

ある意味特化型と言えますが、案件数も多く、大手の求人もいいので、20代に強い求人のマイナビはおすすめです。

マイナビジョブ20’sとは、マイナビグループが提供する20代若手社会人のための“無料転職支援(人材紹介)サービスです。

マイナビジョブ20’s公式サイトより

専任のキャリアアドバイザーが、個別キャリアカウンセリングを行い、求職者の経験や希望に最適な企業をご紹介します。

サービスは全て無料です。

マイナビジョブ20’s ホームページより

さいごに

いかがだったでしょうか。

今回は銀行員が転職するベストタイミングというテーマでブログを更新しました。

最後までご覧頂きありがとうございました。

【おすすめの転職サイト

コメント