転職でブランク期間があり、 何もしてない人はどう説明すればいい?

一般転職
Sponsored Link
Sponsored Link
悩んでる人
悩んでる人

転職する際に、ブランク期間があり、何もしてなかったんだけど、面接官にどう説明すればいいのかな?

ブランク期間があると、面接官にネガティブにとらえられないか不安だな・・・

今回はこんなお悩みにお答えします。

匿名係長
匿名係長

【この記事の信頼性】

この記事を書いている私は、某大手企業の人事管理職として、採用責任者をしています。

中途採用は年間で約200~300名を面接をしており、実際に空白期間のある受験者を合格にしたこともあります。

今回は、転職でブランク期間があり、 何もしてない人はどう説明すればいい?

というテーマで記事を書いていきます。

それでは行きましょう。

Sponsored Link
Sponsored Link

転職でブランク(空白)期間があり、 何もしてない人はどう説明すればいい?

結論、嘘をつかずに、ブランク(空白期間)となった真実を話すべきです。

私が合格を出した受験者は、下記のようなブランクの説明をしていました。

・前職で上司とうまくいかず、鬱っぽくなって辞めた。

・急に働く意欲がなくなり辞め、気づいたら6か月が経っていた。

・前の会社が激務でしばらく休みたくなった。

・人生何とかなると思って辞めたら、なかなか就職が決まらなかった。

こんな感じの受験者でした。

ブランクがあっても、どんな人は面接合格になる?

結論、ブランクの期間を通じて、「自己理解」が深まっている人、「自己理解」が出来てる人は面接合格となりやすいです。

何故かというと、自分が離職した本質が分かっているからです。

自責の念があり、ブランクの原因を受験者が理解して、改善できる自覚がある

・次の会社だったら、すぐに辞めないと思わせるエピソードがある

・ブランクを通じて得たものがあり、次の仕事に生かせることが出来る

こんなところでしょうか?

次からは、具体的にどんな解答をすれば面接が合格になりやすいかを説明していきます。

ブランクの原因を受験者が理解して、改善できる自覚がある

前職が激務で、忙しくうつ気味になった人

うつ気味になった原因をブランクの期間、考えていると、上司から、「ノルマの詰め」があったこと、「クライエントから納期短縮」や「コスト削減の詰め」があったことが理由だと分かりました。

少し期間を開けてみたところ、症状も落ち着き、今はなんともありませんし、薬も服用していません。

ブランクを経て、私は、営業職ではなく、営業職をサポートする事務員であれば、前職のように対象を崩さずに元気に働けると考えました。

匿名係長
匿名係長

こんな方は、自分が対象を崩した原因、その対策が論理的に説明できています。

つまり、自己理解が進んでいるため、面接官の受けもよく、合格しやすいでしょう。

次の会社だったら、すぐに辞めないと思わせるエピソードがある

転職を繰り返してきましたが、前々職のライン作業という職場がとても自分にとっては合っていて、長く勤めました。

結婚を機に、転職して、前職の営業職は仕事が合わず、すぐに辞めてしまいました

ブランクの期間は、転職活動をしていましたが、なかなか合格できませんでした。

御社も業種は違いますがほぼ同じような、チームで行うライン作業です。

自分には、ルールがしっかりしている、ライン作業があっていますし、第2子も来月誕生しますので、仕事を頑張らないといけません。

御社で骨をうずめる覚悟はありますので、よろしくお願いいたします。

匿名係長
匿名係長

こんな方も、仕事の適性が分かっていて、働かなくてはならない理由もしっかりして、覚悟を感じます。

合格しやすいでしょう。

ブランクを通じて得たものがあり、次の仕事に生かせることが出来る

前職では、仕事が嫌になって辞めました。

3か月くらい、フリーターでアルバイトをしていたんですが、物足りなさを感じました。

正社員で週5日、責任をもって仕事をして、土日でリフレッシュするのって、本当に楽しいし、生活が充実するんだなって改めて感じることが出来ました。

フリーターになって、週5日働かせてもらえることって、本当にありがたいことなんだと感じることが出来ました。

御社でも前職とは違う気持ちで働けると自覚しています。

こんな受験者も合格するでしょう。

匿名係長
匿名係長

ブランクを通じて、当たり前のありがたさを身に染みて実感している人は、多少のストレスでは辞めません。

このようなマインドセットは次の仕事に生かせそうですよね。

転職を考えている方

転職をする際は、まず「就職情報サイト」を必ず登録してください。

就職情報サイトは、スマホを使って、自分で会社を選ぶことが出来ます。

indeedやハローワークよりも、優良な案件が多いですよ。

悩んでる人
悩んでる人

自分には、どんな仕事があっているのか選べないな・・・

そんな方は、「転職エージェント」に登録してください。(無料です)

1つの転職エージェントだけではなく、複数登録しておいたほうが良いです。

理由は、担当者次第で紹介できる企業が変わること、競争させたほうが担当者も真剣になってくれるからです。

悲しいことに、使えない担当者は、正直多いです。

人事の立場からしても、その担当者からの紹介というだけで、悪い方向へバイアスがかかります・・・

転職エージェント

★おすすめの転職エージェントの記事はこちら★

転職エージェントとは、転職をサポートしてくれる担当者が無料で付くサービスです。

なぜ、無料なのかというと、採用された企業から、採用が決まれば手数料をもらえるからです。

年収の30%の手数料が相場です。

匿名係長
匿名係長

年収が400万円の方なら、120万円の手数料が内定企業からもらえます。

そりゃ、エージェント担当者も必死になって、転職のサポートしてくれるわけですね(笑)

転職エージェントを利用するメリットとして、おおまかに下記の3点があります。

①自分の市場価値が分かる

②年収等の交渉が楽

③面接などのフィードバックをしてくれる

①自分の市場価値が分かる

エージェントに登録する際、個人情報や自分がやってきた業務を登録します。

そうすると、自分の市場価値はどのくらいで、この企業ならチャンスがある等、具体的に企業を紹介してくれます。

②年収等の交渉が楽

エージェント経由で、年収などの諸条件を交渉してくれますので、雇用条件を代理で交渉してもらうことが可能です。

③面接などのフィードバックをしてくれる

面接で不合格だった場合、企業にエージェントからダメだった理由をヒアリングしてくれます。

そのため、次の転職に向けて、微修正をすることが可能です。

おすすめのエージェント(すべて登録無料)

下記のエージェントをオススメします。

①リクルートエージェント

求人数No.1であり、まず登録しておいて間違いないエージェントです。

転職エージェントと言えば、リクルートエージェントといっても過言ではないくらい、抑えておくべきエージェントです。

リクルートエージェント ホームページより

②DODA(パーソルキャリア)

doda ホームページより

DODA(旧:インテリジェンス)は、勢いのある会社です。

私も付き合いがありますが、担当者が優秀で、ゴリゴリ年収交渉してきます(汗)

DODAは、登録すると、自動的にエージェントと情報サイトの登録になるようですので、楽ですね。

③マイナビジョブ20’s

20代の転職に特化した、マイナビジョブ20’sは、20代の第二新卒におすすめします。

登録している企業も、第二新卒を求めていますので、20代の方にはおすすめの転職エージェントです。

ちなみに当社も第二新卒を狙って、マイナビジョブ20’sに契約させて頂いております。

転職口コミサイトに登録

気になる転職先があれば、働いている生の声を聞きたいですよね・・・

そんなときは、是非「転職会議」を登録しましょう!

無料です!

登録すると、転職しようとする会社の「働いている人」や「退職した人」の口コミが分かります。

どんな項目が分かるかというと・・・

年収、評価制度

退職理由、退職検討理由

面接・選考

仕事のやりがい、面白み

事業成長性や将来性

入社理由、入社後に感じたギャップ

社長の魅力

ワークライフバランス

福利厚生、社内制度

女性の働きやすさやキャリア

社員、管理職の魅力

スキルアップ、キャリア開発、教育体制

上記のような情報です。

ちなみに私の勤めている会社も口コミがあります。

最新の情報はどれも鋭い口コミが多く、一部価値観が違うと思う内容もありますが、概ねあっていました(笑)

さいごに

いかがだったでしょうか?

今回は、転職でブランク期間があり、 何もしてない人はどう説明すればいい?

というテーマで記事を書きました。

【おすすめの転職サイト

悩んでる人
悩んでる人

転職の進め方の全体感が知りたいな・・・

匿名係長
匿名係長

そんな方は、転職の進め方と流れを6つのステップで紹介の記事をご覧ください。

私が7年間、採用担当者として得たノウハウを余すことなく詰め込んだ記事です。

転職を考えている方、転職活動中の方どちらも参考になると思いますので、是非ご覧ください。

最後までご覧頂きありがとうございました。

コメント