銀行員は転職しても使えない人材なのか?元銀行員で現在人事管理職が回答します

銀行員から転職
Sponsored Link
Sponsored Link
悩んでる人
悩んでる人

「銀行員は転職しても使えない人材」という記事をよく見かけるけど本当かな?

銀行では、かなり苦しいノルマにもチャレンジしてきたし、厄介なお客さんにも対峙してきた。

こんな私でも使えない人材なの?

今回はこんなお悩みにお答えします。

この記事の信頼性/筆者紹介

匿名係長
匿名係長

この記事を書いている私は、元銀行員で現在某大手企業で人事管理職をしている、キャリアコンサルタントです。

現在では、新卒採用、中途採用で年間500名程度と面接をして合否を判断しています。

最近では、銀行員の転職者も多く、この記事を書くことにしました。

元銀行員だからこそ、分かる内容ですので、論理的に記載していきたいと思います。

それでは行きましょう。

Sponsored Link
Sponsored Link

銀行員は転職しても使えない人材?

結論、どちらともいえません。

何故なら、年齢や職種によって変わるからです。

これだけだと、回答になりませんので、もう少し具体的に解説していきましょう。

転職に有利な年齢

結論、第2新卒が1番有利です。

何故かと言うと、銀行員で養われるスキルは、銀行内でしか使えないスキルが多いからです。

年齢を重ねれば重ねる程、給料は高いのに、他社で使えるスキルがない。

そんな評価になります。

以前は、銀行員の支店長が中小企業の役員待遇で出向や転籍することがありました。

しかし、それは政治的なものです。

これだけの情報化社会になると、インターネットで調べれば融資が通りやすい方法などすぐに見つけることが出来ます。

匿名係長
匿名係長

以前は企業の決算書をしっかり読み込み、分析をしていました。

今ではスキャンしてデータ化されたものが瞬時に格付けをしてくれます。

そのため、財務分析は身につきませんよね・・・

しかも、財務分析する暇があれば、営業に行ってこいと言われますし・・・

転職に有利な部署は?

転職に有利な職種は、本部で専門性のある部署です。

具体的には、「審査部」や「営業推進部」、「アセット系の部署」などが転職に有利と言えます。

私の銀行では、基本的に営業店で選抜された人材が本部に栄転していました。

私も、運よく本部に行きましたが、銀行の本部の中枢の人材は、本当にレベルが高いです。

中には、問題社員でやむなく本部にいる腐っている銀行員も居ましたが…

審査部であれば、定量的な数字だけではなく、定性的な面がどれだけ審査に影響するのか、融資判断、財務スキルが磨かれます。

営業推進部では、マーケティングや心理学など、広告代理店と一緒になったPR部門があります。また、全体の収益から逆算して、営業店に振り分けるといった、全体感を持った仕事が出来ます。

この経験は貴重です。

どの会社に行っても、活用することのできるスキルです。

転職に不利な部署は?

 転職に不利な部署は営業店の社員です。

 理由は、対外的に証明できるスキルが、「数字」でしかないからです。

悩んでる人
悩んでる人

数字を上げられるのは、優秀な社員なのでは?

そう思いますよね・・・

匿名係長
匿名係長

銀行の営業は、基本的に「精神論」と「お願い営業」です。

私は5年8カ月勤務していましたが、戦略をもって営業している上司は一人もいませんでした。

目の前のノルマを追いかけて、いつもピリピリしている上司ばかり。

営業店で身についたスキルは、「胆力」、「忍耐力」、「ド根性」、「札勘」という精神論ばかりです。

今でも役立っているのは、「対人コミュニケーションスキル」でしょうか。

いわば「雑談力」なのですが、これはどの営業でも身につきそうですけどね…

銀行員としての評価されるプラスポイント

 一般企業が銀行員としてのプラスポイントとして捉えているのは以下の3点です。

  •  社会人としてのビジネスマナーはしっかり身についている
  •  仕事上での整理整頓が身についている
  •  守秘義務などの情報管理がしっかりとしている

社会人としてのビジネスマナーはしっかり身についている

銀行の営業は、中小企業の偉い方と上手に接していける、「対人折衝能力」がないとやっていけません。

いわば、他人を不快にさせない能力が培われます。

昔ながらの社長さんは、とても気難しい方もいます。

匿名係長
匿名係長

私は今まで何度か土下座して謝罪したことがあります。

自分がすべて悪くないのですが、銀行のために誠心誠意、土下座しました(笑)

言葉の語尾だったり、誰がキーパーソンであるのか、言葉を受け止めた後の表情は?

こういった細かいことまで感じ取れるスキルが身につきますよね!?

整理整頓の意識が高い

銀行員は、退行する際に、机の上の個人情報はすべて金庫へ。

机の中は、個人情報の書類を入れることは出来ません。

定期的に抜き打ちの検査があったりしますので、検査に引っかかると、かなり大変です。

転職してから、私は銀行に慣れている分、今の会社は、きわめて緩く感じます。

そのため、銀行員は書類の整理整頓がしっかりと出来ていて、スマートな印象を持ってもらえることが多いです。

守秘義務などの情報管理がしっかりとしている

元銀行員の私からすると、これはないだろうと思ってしまいますが・・・(笑)

一般企業のイメージは守秘義務などの情報管理がしっかりしていると思ってもらえています。

実際、銀行の情報管理は厳しいですよね。

  • 対外的なメールは禁止。
  • メールアドレスすらありません。
  • FAXは、テスト送信したあとに再送。

かなり厳しいです。

しかし、終業後、居酒屋で支店長を中心に「取引先の話を酒の肴に話をしている」とは思っていないでしょうね…

銀行員としてのマイナスポイント

銀行員のマイナスポイントは以下の3点です。

  •  マニュアルがない仕事に慣れていない
  •  論理的思考力が身につかない
  •  0から1をつくる仕事がない

マニュアルがない仕事に慣れていない

銀行員の大半は、マニュアルに沿って仕事を進めて行きます。

マニュアルに該当しなければ、該当するように進めて行くようにします。

匿名係長
匿名係長

先輩は、セーフティーネット融資の要件に該当しないので、売り上げを調整するように税理士の先生にお願いしていたり(笑)そんなこともありました。

一定の基準が決まっているので、基準に沿うように進めて行ける力は身につきます。

しかし、基準を作る仕事はほとんどの銀行員はやったことが無いため、かなり苦労するでしょう。

私も転職して、実際そうでした。

マニュアルがない仕事ってめちゃくちゃ難しいです。

論理的思考力が身につかない

銀行員の業務をしていて、「論理的思考力はほとんど身につかなかった」と実感しています。

何故なら、仕事で論理的思考力が必要な局面がほとんどないからです。

そして、毎回出ますが、「考えている暇があるんだったら、営業行ってこい」と言われます。

基本的に上司も、考える前に行動しろパターンが多いですよね?

匿名係長
匿名係長

私は、どちらかというと、考えて行動するタイプだったので、営業に行くふりをして、午前中は、ファミレスで仕事の進め方を考えて、営業に行っていました(笑)

ですので、行動記録が全く合致しておらず、支店長からいつも怒られていました。

一方、稟議書や副申(融資の説明書)、返済原資などは良く考えられていると言われていました。

正直、銀行の営業店は「論理的思考力が身につく職場ではありません。」

ロジカルに仕事を進めなければ、いずれ限界が来ますし、他の会社では評価されません。

抽象度が高い仕事を推進していく仕事が管理職には求められます。

論理的に仕事が出来なければ、なぜその方向性で仕事を進めて行くのか上司に理解を得られませんから・・・

0から1をつくる仕事がない

銀行員の仕事は、1から2,5,10へと今ある仕事をどんどん加速させていく仕事は出来ます。

しかし、今までにない0の仕事を1作り出す仕事はほとんどやったことがありません。

これは、ディスアドバンテージで、ベンチャー企業は若手のうちからどんどん新しいサービスを作り上げている社員もいます。

銀行員はその0から1の仕事はまずありません。

一生銀行員としてやっていくのは難しい局面

  • 銀行は淘汰されていく
  • 銀行員自体が必要なくなってきている
  • 銀行は淘汰されていく

銀行は淘汰されていく

現在、地方銀行を中心に、再編が進み、収益性に乏しい銀行はどんどん淘汰されていくでしょう。

みずほ銀行も副業を前提として週3、4勤務を実施するなど、昔では考えられないような動きが見られます。

また、総理大臣も下記の会見がありましたね。

引用

菅義偉新首相は、9月2日の自民党総裁選の出馬表明会見で「地方の銀行について、将来的には数が多すぎるのではないか」と発言。

翌3日には「再編も一つの選択肢になる」と明言し、収益力に乏しい“限界地銀”にメスを入れる意志を示した。

第一地銀が加盟する全国地方銀行協会(64行)の損益合計をみると、本業から得た利益となる「業務純益」は2010年度に1兆3818億円だったが、直近の19年度には9761億円まで減少している。

地域金融機関の投資アドバイザーなどを務める和キャピタル(東京・千代田)の小栗直登社長は「地銀が自ら合併や廃業を進めてオーバーバンキングを解決するのは不可能に近い」と指摘する。

引用元:日経ビジネス

コア業務純益(銀行の本来の儲け)も、どんどん減少していっていますね…

一方今、金利を上げると、経済への影響は?

住宅ローンで変動金利を組んでいる人は、返済できない??

銀行は非常に苦しい局面ですね。

銀行員自体が必要なくなってきている

銀行の9割、銀行員の99%は「消える」──なぜもう「銀行はいらない」のか?

ビジネスモデルの崩壊によって銀行の9割、銀行員の99%は「消える」──衝撃的な予測を掲げるのは「銀行はもういらない」(ダイヤモンド社)を上梓した上念 司氏だ。

その思いは、実は上念氏自身が銀行員だった1990年代から抱いていたという。

出展元:Fintech journal

私も上念さんの本を読みました。

AIやフィンテック等の金融技術によって、銀行の業務独占が崩れ始めています。

正直、私もネット銀行にメインを移行させています。

スマートフォンで振り込みができますし、手数料も一定の回数が無料。

コンビニでの引き出し手数料もかからないので、ネット銀行を活用するデメリットが見つかりません。

スキルを身に着けられる職種へ飛び込むのもあり

私は、銀行員を辞めるベストタイミングは、3~6年目だと思っています。

詳しくは、「銀行員が転職を考えるベストタイミング」の記事に記載しています。

銀行員はスキルが身につかないので、スキルを身に着けられる職種に飛び込むのはアリだと思いますよ。

私は、銀行を辞め、スキルを身に着けられる「管理系職種」に転職しました。

今私が、転職するのであれば、確実にIT関連ですね。

IT人材は人材不足が顕著です。

経済産業省出展:IT人材供給による調査

需要を低く見積もっても、2030年で16万人も人材が不足します。

銀行員になれる地頭があれば、優秀なITエンジニアになれると思います。

ITエンジニアになれば、スーツも着なくてOK。

独特な銀行のしがらみもなくなります。

プログラミングは独学では時間がとてもかかりますので、スクールに行くことをおすすめします。

一度、無料の説明会に行ってみて下さい

人生を変えましょう。

転職をしたいと考えている銀行員

転職をするには、「転職サイト」と「転職エージェント」を利用してください。

転職サイトは、自分で仕事を見つけるサイトになります。

どんな求人があるのかを参考にしてみて下さい。

転職サイトで登録してまず、間違いないのは、日本トップクラスのリクナビNEXTです。

次に、「転職エージェント」について説明します。

おすすめの転職エージェントをすぐに知りたい方は、このリンクをご覧ください。

「転職エージェント」は担当が無料でフォローしてくれ、個人面談のあと、自分にあった企業を紹介してくれます。

おすすめの転職エージェント

日本には、全国で17,000社あると言われています。

めちゃくちゃ多いですよね・・・

数ある転職エージェントの中では、下記の5つのエージェントに登録しておけば、間違いありません。

  1. リクルートエージェント
  2. doda(パーソルキャリア)
  3. JACリクルートメント
  4. ビズリーチ
  5. マイナビジョブ20’s

転職エージェント5社を紹介(すべて登録無料)

リクルートエージェント

リクルートエージェントは求人登録数No.1を誇る、実力のある転職エージェントです。

専属のキャリアアドバイザーが、転職を成功までサポートしてくれます。

より詳しい情報が気になる方は、下記のリクルートエージェント公式サイトをご覧ください。

求人数も多く、まず登録しておいて間違いないエージェントです。

但し、求人数も多い分、担当者も多いため、当たりはずれが多いのも特徴ですね・・・。

【おすすめ度:★★★★

リクルートエージェント ホームページより

doda(パーソルキャリア)

【おすすめ度:★★★★★

doda ホームページより

「doda」は、国内でトップレベルの知名度、質の高い求人が揃っている評判の高い転職エージェントです。

転職者満足度No.1を誇るほど、サービスが充実している転職エージェントだと言えます。

たくさんの求人を紹介してくれるようですので、転職への選択肢も広がりそうですね。

より詳しい情報が気になる方は下記の公式サイトをご覧ください。

まずは登録してみてはいかがでしょうか?

勢いのある会社で、私の会社もお付き合いがあります。

担当者が優秀で、ゴリゴリ年収交渉をしてくれます。(汗)

登録すると、自動的にエージェントと情報サイトの登録になるようですので、とっても便利ですね。

JACリクルートメント

年収600万円以上のハイクラスの方は、JACリクルートメントを間違いなくおすすめします。

【おすすめ度:★★★★★

あまり聞いたことのない会社かもしれませんが、東証一部上場の企業で、人材紹介専業では、日本国内で一番の売り上げを維持しています。

担当者も非常に会話していて気持ちの良い、スマートな担当者ばかりで、年収600万円以上のハイクラスの方にはおすすめのエージェントです。

30後半の方向けの年齢層に特化しているエージェントであるため、該当する方は確実におすすめします。

有名YouTuberのサラタメさん、リベラルアーツ大学の両さんもおススメしているエージェントです。

私も、サラリーマンの年収が600万円を超えていますし、実務をしていて、JACさんは優秀な担当者が多いので、転職をするなら、確実にJACリクルートメントさんを使います。

ビズリーチ

【おすすめ度:★★★★★

ビズリーチはCMでよく見る有名な転職サイトです。

ビズリーチは厳密に言うと、転職エージェントではなく、転職サイト(逆求人サイト)です。

自分の職務経歴や気になる職種や勤務地を登録しておくと、ヘッドハンターからメールが届きます。

  • プラチナスカウト、面接確約!
  • ぜひお会いしたいです!
  • 〇〇ガスの新規募集が始まりました!

こんな感じでメールが届きます。

専用のアプリも用意されており、非常に使いやすい。

ビズリーチは登録自体は無料です。

本気で転職を考えるのであれば、有料プランもあり、求職者側も少しお金を払うビジネスモデルを取っています。

そのため、企業側も本気で転職活動をしていると判断するため、優良な案件が多いのもポイントです。

実際に当社でも、管理職採用はビズリーチから決まっています。

登録は無料ですので、間違いない転職サイトですよ。

20代の第二新卒枠の転職におすすめ

③マイナビ ジョブ20’s

【おすすめ度:★★★★

20代に強い求人は、間違いなく、マイナビ ジョブ20’sです。

マイナビジョブ20’sとは、マイナビグループが提供する20代若手社会人のための無料転職支援(人材紹介)サービスです。

専任のキャリアアドバイザーが、個別キャリアカウンセリングを行い、あなたの経験や希望に最適な企業をご紹介します。

第二新卒に圧倒的におすすめのエージェントですね。

マイナビジョブ20’s ホームページより

さいごに

いかがだったでしょうか。

今回は銀行員は転職しても使えない人材なのか?

というテーマでブログを更新しました。

最後までご覧頂きありがとうございました。

【IT業界に興味がある】

 ・無料説明会 TECH CAMP 公式サイト

コメント