キャリアコンサルタント 面接試験対策のポイント

【面接対策】
Sponsored Link
Sponsored Link

もうすぐ、キャリアコンサルタントの面接試験だ・・・

 

面接試験で高得点を取るポイントがあれば知りたいな・・・

 

どんな対策をすればいいんだろう??

今回は、こんなお悩みにお答えします。

この記事の信頼性/筆者紹介

 
匿名係長
匿名係長

私は、某大手企業の人事管理職をしている匿名係長と申します。

 

国家資格キャリアコンサルタントの試験に「一発合格」しました。

 

面接試験は「66点」、「評価オールA」判定の成績をおさめることが出来ました。

(養成講座の仲間の中では最高得点)

 

私が実際に受験した経験から、「面接試験のポイント」や「心構え」をお話しします。

 

それでは行きましょう。

私の結果通知書

この記事をご覧いただき、キャリアコンサルタントに合格される方が増え、求職者や就活生へ支援できる方が増えると良いなと思い、作成しています。

※私は、「キャリアコンサルティング協議会」を受験しました。

Sponsored Link
Sponsored Link

面接試験の流れ

まず、面接試験の流れを確認しましょう。

面接試験は、ロールプレイ15分+口頭試問5分の合計20分です。

私が実際受験した面接では、2名の面接官(年配の男女)とクライエント1人でロールプレイを15分間実施しました。

ロールプレイが終わると、クライエントは何も言わず退室。

「お礼ぐらい言わせてほしい」と思いきや、迅速に無表情で退室しますので、焦らないでくださいね。

その後、すぐに5分の口頭試問が始まります。

面接当日の流れ

私の場合、以下の流れでした。

①指定された試験会場に1時間前に到着。

②早く到着しすぎて、入室できず。

「集合時間」に入室が出来る。

④集合場所で試験部屋、流れを説明される。

※集合場所には、10人ほどおり、養成講座の仲間もおり、リラックスできました。

⑤A~Eの5のグループに分かれ、クライエントが案内係として呼びにくる。

→ 感じの悪いおっさんだな・・・そんな印象でした。

恐らく、そうしないとクライエント役としてNGなのでしょう。

口が悪く、ごめんなさい(笑)

※持ち物は集合場所ですべて置かないといけません。ハンカチなども不正をしていないかチェックされました。

⑥一緒に試験部屋まで、帯同する。

この際、クライエントは無表情。緊張しますが、これも受験者と話してはいけないのでしょうね。

⑦面接時間になるまで、部屋の前で椅子に着席して待つ。

※クライエントより相談者の概要が記載されたA4プリント(両面)が配布されるので、よく読んでおく。

クライエントの氏名、年齢、職業など、基本的なものが書かれています。私の場合、そのプリントは、机の上に置かれましたので、詳細に記憶しなくてもOKです。

⑧私から入室し、そのあとに続いてクライエントが続き、着席。

その後、試験官から諸注意があり、面接試験がスタートします。

※机の上には、置時計がありました。

(正直、見る余裕はありませんでしたが…)

⑨15分経過すると、アラームが鳴り、クライエントは退室。

⑩すぐに口頭試問が始まります。

⑪口頭試問が終わると退室。集合場所に持ち物を取りに行って解散。

面接試験のポイント

私がロールプレイで意識したポイントを、箇条書きにします。

  1. クライエントは何の相談に来たのかを引き出す
  2. どんなジレンマを抱えているのかを引き出す
  3. クライエントの生き方、価値観を受け入れる(受容する)
  4. 話す量をCC<CLにする。(CC:CL=2:8)
  5. 知らないことは、CLから教えてもらう

ロールプレイでの導入

クライエントからの発言が終わったあと、どのように話したらよいのか、分からないことが多いと思います。

私は、クライエントからの「感情」をとにかく拾うことを意識していました。

「仕事に復帰していいのか、どうしたらいいのかわからない

「将来を不安に感じて、転職していいのか悩んでいる

「最近、仕事に対する意欲がなくなってきている

このような、クライエントさんの相談であれば、「感情」+についてもう少し詳しく教えていただけますか?

という言葉を伝えることで、クライエントを深堀できる、魔法の言葉です。

魔法の言葉をいえば、相手の発言から、聞きたいことがどんどん出てきますよ。

踏み込んだ話が見えてくるようになると思います。

ロールプレイの失敗しないための時間配分についての記事も書いています。

また導入の、インフォームドコンセントはどうすればよい?とい方はこの記事をご覧ください。

口頭試問

口頭試問は原則として、以下の4点が聞かれます。

①よくできた点、改善したい点は?

②クライエントの主訴(強く訴えていたこと)は?

③CCとしてとらえたCLの問題点は?

④続きを行うとしたら、どのような方策を実行するか?

私はCLがどんな相談に来たのか?

どんなジレンマを抱えているのか?

意識して臨んだため、②、③も詰まることなく答えることが出来ました。

実際のロールプレイでは、問題の把握の途中で、ロールプレイが終わってしまったため、正確にCLの問題点を把握できていませんので、

③は推測で答えることしかできませんでした。

しかし、国家資格キャリアコンサルタントは、それで良いのです。

それ以上できることを求められるのは、上位資格の「キャリアコンサルティング技能士2級」なのだと割り切ってました。

その結果、面接試験66点、オールA評価を得ることが出来ました。

さいごに

いかがだったでしょうか?

私は様々な記事を書いています。

参考になる記事が必ずあると思いますので、試験前にはぜひ参考にされてください。

面接試験は緊張しますが、あまり難しいことは考えずに、CLに気持ち良く話してもらうことが重要です。

ロールプレイを練習したいけど、養成講座が主催しているものは高い・・・

仲間うちではどれが正解か分からない・・・

そんな方には、ココナラのサービスを利用されてください。

おおよそ、3,000~5,000円で1セッション、実際のキャリアコンサルタントがロールプレイの練習、フィードバックをしてくれます。

基本オンラインなので、直前でも、引き受けてくれますよ!

最後に私が、独学で合格した参考書を紹介しますので、良かったらご覧ください。

対策講習は2万円程度のものが多いので、本のほうが価格も安く、好きな時間に対策できるので、おすすめです。

Amazonでの評価も良好です。

また、私が受験した後に出た本ですが、下記の本も評価が高いです。

YouTubeでロールプレイを参考にさせてもらっていた、津田裕子さんが書いた本です。

Amazon レビューより抜粋

津田さんのYouTubeチャンネルも非常に参考になりましたので、添付します。

キャリコン・シーオー YouTube

その他、キャリアコンサルタントの面接試験対策に有益な記事を書いています。

下記のページより確認してみて下さい。

【面接対策】 | トクメイブログ キャリアコンサルタント (kitakyublog.com)

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメント