国家資格キャリアコンサルタントとキャリアコンサルティング技能士2級の違い どっちが難易度高い?

キャリアコンサルタントとは?
Sponsored Link
Sponsored Link
悩んでる人
悩んでる人

国家資格キャリアコンサルタントとキャリアコンサルティング技能士2級の違いって何だろう?

どっちが難しいのかな?

今回はこんなお悩みにお答えします。

この記事の信頼性/筆者紹介

匿名係長
匿名係長

この記事を書いている私は、某大手企業の人事管理職をしている匿名係長です。

採用責任者として、新卒や中途採用の仕事をしています。

キャリアコンサルタントを取得し、副業として上場企業に「面談力向上セミナー」や「セルフキャリアドック」を行っています。

今回は、キャリアコンサルタントとキャリアコンサルティング技能士2級の違いについて記事を書いて行きます。

それでは行きましょう。

Sponsored Link
Sponsored Link

キャリアコンサルタントとキャリアコンサルティング技能士2級の違い

結論から言うと、キャリアコンサルタントは「標準レベル」キャリアコンサルタント技能士2級は「熟練レベル」です。

なんとなく、キャリアコンサルタントのほうが、難しい資格のように感じますよね(笑)

私だけでしょうか?

キャリアコンサルティング協議会 出展 5分でわかるキャリアコンサルタント 

キャリアコンサルティング技能検定は、技能検定職種のひとつとして2008年に追加された試験で、キャリアコンサルティングの知識と技能を図る国家検定です。試験は、学科試験と実技(論述及び面接)試験で行われ、両方の試験に合格すると試験等級に応じて「キャリアコンサルティング技能士」の称号が 付与されます。

出展 国家検定キャリアコンサルティング技能検定 (career-kentei.org)

「2級キャリアコンサルティング技能士」に求められるレベル

個人の相談に対して相談者との関係構築のもとに問題・課題などを見立てることができ、1対1の相談支援が的確にできるレベルです。

出展 国家検定キャリアコンサルティング技能検定 (career-kentei.org)

「1級キャリアコンサルティング技能士」に求められるレベル

個人の相談支援を2級より高い水準で的確に行うキャリアコンサルティング能力を有し、組織への働きかけや関係者との連携などのコーディネート能力が求められ、キャリアコンサルタントからの相談に対して不安を解消し、気づき、成長を促すような指導・アドバイスができるレベルです。

出展 国家検定キャリアコンサルティング技能検定 (career-kentei.org)

私が養成講座に通っていた際の指導者は、キャリアコンサルティング技能士1級でした。

指導者にふさわしい、とても心地よいコミュニケーションが取れる方でした。

試験内容の違い

私が養成講座に通っていた時の同期(キャリアコンサルティング技能士2級保有)から聞いた話は以下の通りです。

  • 学科試験はキャリアコンサルティング技能士2級のほうが簡単
  • 論述試験は同レベル
  • 面接の時間が5分長い(20分)
  • 面接では、方策の実行、提案まで行かないと合格レベルには厳しい

学科試験

キャリアコンサルティング技能士2級の学科試験は概ね50~60%くらいで推移しています。

キャリアコンサルティング協議会 出展:キャリアコンサルティング技能士2級合格率

国家資格キャリアコンサルタントも学科試験は概ね50~60%くらいです。

養成講座の同期の情報では、ひっかけ問題なども少なく、素直な問題が多かったそうです。

国家資格キャリアコンサルタントのほうが学科は難しかったとのことでした。

匿名係長
匿名係長

キャリアコンサルタントの試験時に、たくさん勉強した貯金があったからだとは思いますけどね(笑)

論述試験は同レベル

論述も同レベルのようです。

ちなみに、キャリアコンサルティング技能士2級は、キャリアコンサルティング協議会のみです。

論述の形式がJCDAのものと少し異なりますが、論述のレベルは国家資格キャリアコンサルタントと同等のようです。

論述試験は過去問もあるため、事前の対策をしていれば、ある程度対応できます。

面接の時間

キャリアコンサルティング技能士2級の面接の時間は「20分」です。

一方、国家資格キャリアコンサルタントは「15分」です。

その5分の違いがとても難易度を上げます。

面接では、方策の実行、提案まで行かないと合格レベルには厳しい

面談はシステマチックアプローチに基づいて進めていくのが一般的です。

【システマチックアプローチ】

  1. キャリアコンサルティングの開始
  2. 問題の把握
  3. 目標の設定
  4. 方策の実行
  5. 成果の評価
  6. コンサルティングとケースの終了
  7. コンサルタントの自己評価

個人の主観が入りますが、国家資格キャリアコンサルタントは、②の問題把握が出来ていて、口頭試問でしっかり補うことが出来ていれば、合格できるレベルです。

一方、キャリアコンサルティング技能士は、④の方策の実行まで行かないと合格レベルには程遠いようです。

同期の話では、④まで行き、かろうじて合格したとの声がありました。

キャリアコンサルティング協議会 出展:キャリアコンサルティング技能士2級合格
匿名係長
匿名係長

技能士2級の実技は合格率20%以下です。

 

一方、国家資格キャリアコンサルタントは60%程度。

「レベチ」ですね(泣)

さいごに

いかがだったでしょうか。

今回は国家資格キャリアコンサルタントとキャリアコンサルティング技能士2級の違いについて、どっちが難しい?

というテーマで記事を書きました。

キャリアコンサルタントになるには養成講座に行くことが最短ルートです。

キャリアコンサルタントに興味をもった方は、養成講座に行くことをおすすめします。

個人的におすすめの養成講座は、ヒューマンアカデミーです。

おすすめの養成講座の比較の記事を書いていますので、参考になれば幸いです。

これから受験される方

私はキャリアコンサルタント関連の記事を複数書いています。

試験前には必ず参考になる記事があると思いますので、ぜひご覧ください。

最後までご覧頂きありがとうございました。

コメント