キャリアコンサルタントに向いている人、向いていない人の特徴

キャリアコンサルタントとは?
Sponsored Link
Sponsored Link
悩んでる人
悩んでる人

キャリアコンサルタントに興味はあるんだけど、自分に向いているか不安だな・・・

向いている人と、向いていない人の特徴があれば知りたいな・・・

今回はこんなお悩みにお答えします。

匿名係長
匿名係長

この記事を書いている私は、某大手企業で採用責任者をしている匿名係長です。

キャリアコンサルタントとしても活動しており、上場企業にセミナーを実施したり、セルフキャリアドックを実施したりしています。

今回は、キャリアコンサルタントに向いている人、向いていない人の特徴について記事を更新していきます。

それでは行きましょう。

この記事を読むメリット

・キャリアコンサルタントに向いている人、向いていない人が分かります

・キャリアコンサルタントの将来性が分かります

・キャリアコンサルタントになる方法が分かります

Sponsored Link
Sponsored Link

キャリアコンサルタントに向いている人

キャリアコンサルタントに向いている人は下記の5つです。

  1. 人の話を聞くことが好きな人
  2. キャリアで悩んだことがある人
  3. 相手の価値観を尊重できる人
  4. 心理学に興味がある人
  5. 人に感謝されたい人

順番に解説していきましょう。

人の話を聞くことが好きな人

人の話を聞くことが好きな人はキャリアコンサルタント向きです。

キャリアコンサルタントは「傾聴」が大切です。

傾聴とは、カウンセリングの世界で求められた技法で「受容」、「共感」をしていることを話し手に伝えることです。

匿名係長
匿名係長

「傾聴力」は鍛えれば磨かれますが、もともと備わっている人は非常にキャリアコンサルタント向きです。

キャリアで悩んだことがある人

キャリアに悩んだことがある人もキャリアコンサルタントに向いています。

キャリアに悩んだことがない人は人の気持ちが分かりません。

「受容」と「共感」が出来ないんですよね。

匿名係長
匿名係長

私も銀行に入行した後、キャリアに悩みました。

その時に悩んだ経験が、傾聴力に繋がっていると感じています。

相手の価値観を尊重できる人

相手の価値観を尊重できる人もキャリアコンサルタントに向いています。

人の話を聞いていると、「それは違うんじゃないの?」って思うことありますよね?

しかし、人それぞれの価値観があります。

昔の常識は今の常識とは限りません。

人はそれぞれの価値観があると尊重できる人はキャリアコンサルタントに向いています。

心理学(キャリア理論)に興味がある人

心理学に興味を持っている人も、キャリアコンサルタントに向いています。

キャリアの心理学を学ぶと

  • 経験不足をカバーできる
  • クライエントを理解、事実を整理しやすくなる
  • 仮説を立てやすくなる

キャリア理論を学ぶことで、柔軟にクライエントを理解できるようになります。

人に感謝されたい人

誰もが人に感謝されたいと思いますが、キャリアコンサルタントは特に感謝される仕事です。

話を聞くことで人から感謝される仕事って、少ないんですよね。

悩み事を話すことでスッキリした、頭の中が整理できた・・・

って言われることはとても嬉しいです。

キャリアコンサルタントに向いていない人

ここからはキャリアコンサルタントに向いていない人の話をしていきます。

  • 自分の考えを押し付ける人
  • 白黒はっきりさせたい人
  • 短期的に物事を解決したい人

自分の考えを押し付ける人

自分の考えを押し付ける人は、キャリアコンサルタントに向いていません。

面接官
 

大企業に入れば安心。絶対に大企業に入りなさい!

こんなキャリアコンサルタントは最悪ですね。

相談者の価値観をしっかりと聞き、相談者の考えに寄り添うことがキャリアコンサルタントの役目です。

自分の考えを押し付ける人は、キャリアコンサルタントに向いていません。

白黒ハッキリさせたい人

白黒ハッキリさせたい人はキャリアコンサルタントに向いていません。

人間の心理は白黒はっきりできるものばかりではありません。

薄いグレーや濃いグレーなど、さまざまな濃淡のあるカラーがあります。

その部分をしっかり理解出来る人でないと、キャリアコンサルタントとしてやっていけません。

短期的に物事を解決したい性格の人

短期的に物事を解決したい性格の人はキャリアコンサルタントには向いていません。

相談事は1日で解決するものではありません。

回数を重ねて、結論が出るものもあります。

短期的に物事を解決しようとする人は、相談者に寄り添っていません。

キャリアコンサルタントになるには?

受験資格

キャリアコンサルタントの受験資格は大きく分けて3つあります。

キャリアコンサルタント試験は、次のいずれかの要件を満たした方が受験できます(複数の受験資格に該当する場合は、いずれか一つを満たせば受験できます)

引用元:JCDAホームページより
  1. 厚生労働大臣が認定する講習の課程を修了した方
  2. 労働者の職業の選択、職業生活設計又は職業能力開発及び向上のいずれかに関する相談に関し3年以上の経験を有する方
  3. 技能検定キャリアコンサルティング職種の学科試験又は実技試験に合格した方
匿名係長
匿名係長

簡単に言うと・・・

  1. 養成講座の課程を修了した人
  2. 実務経験が3年以上ある人
  3. キャリアコンサルティング技能士の学科か実技のどちらかに合格している人

となります。

3.は受験免除のことなので、厳密に言うと、「1」と「2」のどちらかで考えておけばOKです。

受験資格についての詳細は下記のブログをご覧ください。

キャリアコンサルタントの将来性は?

結論、現状の需要は多くはありませんが、将来的に需要は高まります。

AIにとって代わることのないスキル

第3次人工知能ブームと言われる中、AIに奪われる仕事(スキル)やAIに奪われない仕事(スキル)が注目されてくるようになりました。

【AIに奪われない技術】

  • 営業職
  • データサイエンティスト
  • 介護職
  • カウンセラー
  • コンサルタント
  • 人事管理スキルなど

上記のAIに奪われない仕事(スキル)には、様々あります。

そのなかに、「人事管理スキル」があります。

人事管理スキルには、心理学から人的資源に関する法律の問題まで様々なものがあります。

このようなものは、AIがとって変わることは難しいです。

ロボットは人間の心は読めない

ロボットに人間の心まで支配される…そんな未来くるでしょうか?

「空気を読む力」や「その場しのぎ力」といった、ロジカルに説明できない力は、ロボットには肩代わりは不可能です。

人が感じる、共感や信頼関係をロボットに構築することは不可能です。

つまり、心理学を学んだカウンセラーやキャリアコンサルタントの仕事はAIにとって代わることは出来ません。

キャリアコンサルタントの将来性を詳しく知りたい方は、下記のブログをご覧ください。

キャリアコンサルタントの年収は低い?

キャリアコンサルタントの年収は、一般のサラリーマンより少し高いか同じくらいです。

詳しくは下記のブログをご覧ください。

キャリアコンサルタントはいつ取得した方が良い?

キャリアコンサルタントを取得するおすすめの年齢は30代です。

理由は下記の3つです。

  • 社内の評価が上がる
  • 自己肯定感が上がる
  • キャリア形成を楽しめる

詳しくは下記のブログをご覧ください。

独学で合格可能?

キャリアコンサルタントは、学科と論述は合格可能。実技面接は独学では難しいです。

理由は、面接試験のコツがあるからです。

詳しくは下記のブログをご覧ください。

さいごに

まだキャリアコンサルタントを取得していない方

キャリアコンサルタントは今、大注目の国家資格です。

厚生労働省の職業能力開発基本計画では、平成36年度(令和6年)までに国家資格キャリアコンサルタントを10万人にすることを数値目標として掲げております。

出展:厚生労働省 キャリアコンサルタント 養成計画

みなさんも、この資格に興味をもち、自分自身の人生も豊かにしてみてはいかがでしょうか?

私は、キャリアコンサルタントを取得して、本当に良かったと感じています。

キャリアコンサルタントになるには、養成講座に行くことが近道です。

おすすめの養成講座は、「ヒューマンアカデミー」です。

ヒューマンアカデミー 公式サイトより
\無料のWEB説明会、資料請求/ヒューマンアカデミー 公式サイトはこちら
匿名係長
匿名係長

無料ですので、WEB説明会に参加してみて下さい。

私は、キャリアコンサルタントを取得出来て本当に良かったです。

また、養成講座を検討されている方は、比較をしてみました。

下記の記事をご参考にされてください。

キャリアコンサルタントの一括資料請求は、無料の「Brush UP学び」が便利です!

さいごまでご覧頂きありがとうございました。

コメント