【キャリ協とJCDAの違い】キャリアコンサルタント受験団体の違い

キャリアコンサルタントとは?
Sponsored Link
Sponsored Link

キャリアコンサルタントを受験することは決めたんだけど、2つの団体があって良く分からないな・・・

何か違いがあるのかな?

受験するとしたら、自分はどっちがいいんだろう?

今回はそんなお悩みにお答えします。

【この記事の信頼性】

匿名係長
匿名係長

この記事を書いている私は、某大手企業の人事管理職として採用責任者をしています。

私は「キャリアコンサルティング協議会」で受験し、判定オールA一発合格をしました。

現在では、国家資格キャリアコンサルタントとして登録し、若者の就労支援を行っています。

今回は、キャリアコンサルティング協議会とJCDAの違いについて記事を書いて行きます。

それでは行きましょう。

Sponsored Link
Sponsored Link

両団体は目指す方向性が違う

キャリ協とJCDAは、目指す方向性が違います。

えっ、方向性が違うのはまずいのでは・・・?

そう思った方もいるはずです。

当然、「キャリア支援」という目的は両団体とも同じです。

では、両団体が目指す方向性の違いとは何でしょうか

キャリ協(キャリアコンサルティング協議会)

ホームページのキャリア・コンサルタント行動憲章に以下の内容があります。

キャリア・コンサルティングの目的は、「相談者が自分で自分の問題を解決することであり、相談者自らが本来持っている自分らしさに気づき、自分らしさを発揮して生き生きと活動すること、すなわち、相談者が自分自身の存在価値を追求することができるよう支援すること」である。キャリ ア・コンサルタントは、このキャリア・コンサルティングの目的を明確にしたうえで、支援活動を行う。

キャリアコンサルティング協議会 ホームページより抜粋

つまり、相談者の「自分らしさ」の追求と、問題解決の支援を行うことを目指しています。

JCDA(日本キャリア開発)

ホームページ上の「協会からのご挨拶」に以下の内容があります。

本協会はキャリアカウンセリングを推進、展開する上で、「人の内的成長」を支援する「カウンセリング」の基本的考え方をもとに、さまざまな活動、能力開発支援を行っていることです。こうした考え方は、キャリアカウンセリングの旧来の考え方に大きな変化を及ぼすと考えています。すなわち「問題解決志向」モデルから「成長開発志向」モデルへの転換です。つまり、すべての人間が成長しようとするなら、キャリアカウンセリングの対象者は「問題を抱えた人」だけでなく、すべての国民がキャリアカウンセリングを受ける権利があるということです。

日本キャリア開発 ホームページより抜粋

つまり、JCDAは「人の内的成長」、「成長開発」を支援することを目指しています。

まとめると

  • キャリ協・・・相談者の「自分らしさ」の追求と、「問題解決」の支援
  • JCDA・・・「人の内的成長」、「成長開発」を支援

となります。

試験内容の違いは?

実は試験内容が違います。

試験は、「学科試験」と「実技試験」に分かれます。

「学科試験」は両団体同じです。

「実技試験」が両団体、異なります。

実技試験は「論述試験」と「面接試験」に分かれます。

それぞれの違いについて解説します。

論述試験

キャリ協

クライエントとキャリアコンサルタントの逐語が1パターンあります。

その逐語を読んで4つの問題に対し、記述します。

特徴は、逐語のキャリアコンサルタントの欄が空白になっており、その空欄をどのように応答するのかを記述します。

JCDA

クライエントとキャリアコンサルタントの逐語があり、その後の対応が2パターンに分かれています。

2パターンのうち、1パターンはキャリアコンサルタントの発言が不適切なものになっています。

問題は4問あり、5つの指定語句を使用して解答文を作成します。

面接試験

  • CC協議会・・・①態度・②展開・③自己評価
  • JCDA・・・①主訴・問題把握/②具体的展開/③傾聴

また、実技試験の面接試験が終わると、口頭試問に移りますが、そこで聞かれる内容も異なります。

口頭試問

  • CC協議会・・・①出来たこと・出来なかったこと、②主訴・見立て、③今後の展開
  • JCDA・・・①出来たこと・出来なかったこと、②主訴・見立て、③今後の展開、④将来展望(資格をどのように活かすのか)
匿名係長
匿名係長

下記に、2つの団体の過去問題のリンクを添付します。チェックしてみて下さい。

【過去問へのリンクを貼り付けています】

◆CC協議会(キャリアコンサルティング協議会✅)

◆JCDA(日本キャリア開発✅)

両団体の合格率の違いは?

合格率は両団体、ほぼ変わらない水準になってきています。

それでは、2つの団体の合格率を見ていきましょう。

第1回JCDACC協議会
①学科74.2%(763人)81%(945人)
②実技51.5%(709人)71.6%(716人)
①+②同時受験37.2%(271人)59.1%(389人)
第2回JCDACC協議会
①学科74.8%(934人)77.2%(511人)
②実技59.4%(932人)74.3%(597人)
①+②同時受験不明不明
第3回JCDACC協議会
①学科63.3.%(925人)66.1%(496人)
②実技61.9%(1022人)65.7%(564人)
①+②同時受験不明不明
第4回JCDACC協議会
①学科19.7%(235人)23.5%(217人)
②実技63.7%(827人)75.4%(782人)
①+②同時受験17.1%(142人)24.5%(181人)
第5回JCDACC協議会
①学科51.4%(867人)48.5%(513人)
②実技65.7%(842人)72.1%(557人)
①+②同時受験43.3%(449人)42.9%(261人)
第6回JCDACC協議会
①学科61.5%(1105人)64.2%(917人)
②実技66.4%(955人)76%(890人)
①+②同時受験50.9%(584人)56.7%(562人)
第7回JCDACC協議会
①学科54.8%(886人)53.6%(575人)
②実技74.6%(1024人)70%(636人)
①+②同時受験52.4%(561人)49.3%(336人)
第8回JCDACC協議会
①学科59.9%(831人)66.5%(992人)
②実技71.9%(779人)67.5%(909人)
①+②同時受験53.6%(472人)54.9%(637人)
第9回JCDACC協議会
①学科32.1%(439人)28.8%(392人)
②実技67.9%(745人)67.8%(879人)
①+②同時受験34.6%(309人)26.2%(265人)
第10回JCDACC協議会
①学科62.9%(1161人)65.4%(1464人)
②実技65.7%(865人)73.3%(1320人)
①+②同時受験53.3%(603人)55.9%(889人)
第11回JCDACC協議会
①学科62.7%(1203人)62.5%(1185人)
②実技74.1%(1213人)75.3%(1235人)
①+②同時受験58.3%(818人)56.4%(761人)
第12回JCDACC協議会
①学科75.5%(1406人)75.5%(1421人)
②実技68.7%(1108人)62.4%(1034人)
①+②同時受験60.3%(802人)56.7%(751人)
第13回JCDACC協議会
①学科70.4%(1296人)71.7%(1509人)
②実技65.4%(1191人)58.0%(1298人)
①+②同時受験58.1%(866人)50.6%(906人)
第14回JCDACC協議会
①学科69.1%(1194人)65.1%(1043人)
②実技65.3%(1182人)66.6%(1225人)
①+②同時受験55.8%(827人)54.8%(706人)
第15回JCDACC協議会
①学科74.7%(2390人)75.3%(2136人)
②実技64.3%(2013人)61.7%(1786人)
①+②同時受験57.0%(1548人)53.5%(1301人)

第4回と第9回を除き、同時受験で約40~50%の合格率となっております。

40~50%の合格率であれば、そんなに難しくないじゃん・・・

と思った方がいると思います。

匿名係長
匿名係長

・・・が、しかし、よく考えてみて下さい。

受験する方の大半は、就労支援の経験者や人の役に立ちたいという志の高い方、元々コミュニケーション能力の高い方が多いのです。

そのような方が多い中での、40~50%という合格率は、数字に表れない「難しさ」があると言えるでしょう。

結論、どちらの団体で受験したら良い?

冒頭に書いた、「目指す方向性に共感できる」で受験団体を決めることもありです。

基本的には、養成講座が対応している団体で決めることをおすすめします。

ちなみに私は、「キャリ協」で受験しました。

正直、地方だったのでJCDAの養成講座がなかったこともあります・・・

ちなみに、私は「ヒューマンアカデミー」の養成講座を受講しました。

ヒューマンアカデミーは無料のWEBオンライン説明会があったため、忙しい私には、非常にありがたかったです。

ヒューマンアカデミーホームページより抜粋

おすすめの養成講座の比較ついての記事も書いています。

まだ養成講座を決めていない方は参考になると思います。

出来れば、キャリアコンサルタントは安く取得したいですよね・・・

キャリアコンサルタントを最安値で取得する方法の記事も書いています。

参考になれば幸いです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメント