キャリアコンサルタントの論述・学科対策。おすすめの問題集や試験対策本はこの3つ。

【論述対策】
Sponsored Link
Sponsored Link
悩んでいる人
悩んでいる人

養成講座でもらった教科書や問題集、過去問だけでは、試験対策としては心細いな・・・

しかも、養成講座の論述対策講座に行ったけど、ぶっちゃけ、腑に落ちなかったんだよね・・・

今回はこんなお悩みにお答えします。

この記事の信頼性/筆者紹介

匿名係長
匿名係長

私は某大手企業の人事管理職をしている匿名係長です。

「キャリアコンサルタント試験」を「オールA評価」で「一発合格」することができました。

現在では、上場企業に面談力向上セミナーを実施したり、セルフキャリアドックなどを実施しています。

今回は、「一発合格できた私」が、実際に受験の際に使用した、論述試験、学科試験の対策本を紹介したいと思います。

それでは行きましょう。

私の国家資格キャリアコンサルタント試験の結果通知書
Sponsored Link
Sponsored Link

はじめに(前提条件の確認)

キャリアコンサルタントには、「学科」、「実技」と2つの試験があります。

それぞれに対応した、おすすめの試験対策本について記載したいと思います。

この記事を見ることで、効率よく受験勉強をすることが可能です

ちなみに、私はキャリアコンサルティング協議会」を受験しました。

論述試験・学科試験のおすすめの対策本

それでは、おすすめの本を紹介します。

下記の3点です。

  1. キャリアコンサルタント試験 模擬問題集(日本産業カウンセラー協会)
  2. キャリアコンサルタント学科試験 テキスト&問題集(原田 政樹氏 著)
  3. 合格ラインらくらくクリア 実践テキスト(柴田郁夫 著)

1つずつ解説していきます。

キャリアコンサルタント試験 模擬問題集(日本産業カウンセラー協会)

この問題集は、3,300円と高価ですが、合格を勝ち取るための必読の一冊です。

理由は、「学科」と「論述」の模擬問題が充実しているからです。

学科

学科の択一問題は100問あり、大きく4部に分かれています。

  1. キャリアコンサルティングの社会的意義
  2. キャリアコンサルティングを行うために必要な知識
  3. キャリアコンサルティングを行うために必要な技能
  4. キャリアコンサルタントの倫理と行動

割と難しい問題集です。

匿名係長
匿名係長

問題1つ1つ、参考書で調べて理解しながら設問を正しく理解するように意識しました。

なお、各設問には解説もついており、厳選された重要なポイントを解説してくれています。

併せて、インターネットで最新の雇用労働情勢調べることや、解説の太字のキーワードも調べ知識を充実させることも同時に行いました。

論述

論述については、「解答の手引き」がついています。

これは、非常に参考になります。

匿名係長
匿名係長

個人的な主観が入りますが、この「解答の手引き」があるとないとでは、正直、点数が5点は変わってくるのではないでしょうか?。

設問の「解答の仕方」や「方策の実行」など、具体的に「必要な要素」や「提案の例示」まで、図表で示してくれています。

これは、養成講座では教えてくれない情です。

また、過去問でも情報のない、論述試験の解答例も記載があります。

私は、必読の一冊だと思います。

匿名係長
匿名係長

2022年4月の時点では、この本は売り切れ(完売)となっています(泣)

念のため、産業カウンセラー協会のリンクを貼っておりますので、再販されていないか随時ご覧になってみて下さい。

完売の場合は代替え案として、下記の本おすすめします。

匿名係長
匿名係長

YouTubeでも有益な情報を発信してくださっている、津田裕子さんの書いた本ですので、信頼できますよ。

キャリアコンサルタント学科試験 テキスト&問題集(原田 政樹氏 著)

このテキスト問題集は、学科試験で非常に役立ちました。

この本の特徴は、養成講座の分厚い参考書から、試験に出やすいポイントをまとめたテキストです。

学科試験対策の学習法や試験に関するQ&Aなど、参考になる解説もあります。

匿名係長
匿名係長

中身は、イラストや「超頻出」、「必読」といったアイコンが示され楽しみながら勉強ができる本です。

また、テーマの終わりに、速習!一問一答があり、知識を確認する問題があり、理解できたかのテストがあります。

問題集の最後に、本番さながらの模擬問題集(1回分)があります。

学科試験対策には、必須の参考書です。

価格も、本書の内容からであれば、納得の価格です。

Amazonのレビューも高評価、多数です!

ぜひ一度、チェックしてみて下さい。

合格ラインらくらくクリア 実践テキスト(柴田郁夫 著)

実はこのシリーズ本は、2冊(実践テキストと要点テキスト)ありますが、「実践テキスト」がおすすめの本です。(実践テキストのほうが安いです)

特に、面接対策の対策本が少ない中では、ありがたい本

ロールプレイングの進め方は、丁寧な逐語録になっており、非常に分かりやすい本です。

しっかり、基本が抑えられる印象です。

匿名係長
匿名係長

一部の方は、JCDAには向いていない本なのでは?という意見もあります。

しかし、実際に手に取って、自分で考えることによって理解が深まるので、それはそれで、よい勉強になりますよ!

一度手に取って、見て下さい。

レビューも良いコメントが多いです!

キャリアコンサルティング理論と実際(木村周・著)

この本から多くの問題が出題されていますので、一度見ておいた方が良い本です。

出題されている設問は、本の原文そのままを使用しているものもあります。

特に以下の2つの章は必読です。

  • キャリアコンサルティングと人事・労務管理
  • キャリアコンサルティングにおけるキャリアカウンセリングの実際

まとめ

この対策本と過去問、YouTubeを利用して、私は、一発合格することが出来ました。

今回は、キャリアコンサルタントのおすすめの対策本というテーマで、記事を書きました。

まとめると、

下記の3つの本をおすすめします。

  1. キャリアコンサルタント試験 模擬問題集(日本産業カウンセラー協会
  2. キャリアコンサルタント学科試験 テキスト&問題集(原田 政樹氏 著)
  3. 合格ラインらくらくクリア 実践テキスト(柴田郁夫 著)
匿名係長
匿名係長

私が受験した後に、学科試験で評判の良い本が出ました。

受験生に聞いてみると、津田さんの本も非常に良いみたいですね。

私は、キャリアコンサルタントについての様々な記事を書いています。

ぜひ、参考にされてください。

匿名係長
匿名係長

私がキャリアコンサルタント試験を受験した際は、有益な情報が少なかったです。

こういう記事があったら、もっと楽に合格が出来るのにな……。

そう思った内容を書いています。

キャリアコンサルタントを受験する方にとって、参考になれば幸いです。

キャリアコンサルタントの合格基準は、絶対評価です。

私のブログを見て、一人でも多くの方が合格し、就労支援が出来る方が増えると嬉しいです。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

コメント